気鋭スタジオ「A24」の話題作『フェアウェル』が2020年4月10日(金)より全国公開。このたび本編映像が初公開された。

YouTube

youtu.be
画像: “A24”が贈る感動の実話映画『フェアウェル』本編映像が初公開

「一礼…二礼…三礼…」シュールさが笑いを誘う墓参りのシーン

2019年7月、全米わずか4館で限定公開されると驚異的な大ヒットを記録し、館数が桁違いの大作群の中で全米10位にランクイン。勢いは止まらず、第77回ゴールデングローブ賞では、主演オークワフィナがアジア系女優初の主演女優賞を受賞する快挙を成し遂げた『フェアウェル』。中国系アメリカ人として世界で活躍するルル・ワン監督の実際の<嘘>から生まれた、心温まる家族の感動物語だ。

NYに暮らすビリーと家族が、ガンで余命3ヶ月と宣告された祖母ナイナイに最後に会うために中国へ帰郷するところから物語は始まる。家族は、病のことを本人に悟られないように、集まる口実として、いとこの結婚式をでっちあげる。ちゃんと真実を伝えるべきだと訴えるビリーと、悲しませたくないと反対する家族。葛藤の中で過ごす数日間、うまくいかない人生に悩んでいたビリーは、明るく愛情深いナイナイから生きる力を受け取っていく。ついに訪れた帰国の朝、彼女たちが辿り着いた答えとは?

今回解禁された本編映像は、主人公ビリーの余命僅かな祖母・ナイナイを筆頭に一家で祖父(ナイナイの夫)の墓参りをするシーン。まずは翌日に結婚する孫夫婦が幸せに暮らせるよう祈るナイナイ。その「一礼…二礼…三礼…」の掛け声に合わせて一家の面々も礼をする。

続いて夫の早すぎる死を嘆き、天国で安らかでいる事を祈って「一礼…二礼…三礼…」と唱えながら礼をするナイナイ。一家の面々も神妙な面持ちでそれに続くが、ナイナイの妹からは「まだ続けるの?めまいが」とツッコミが入る。

しかしナイナイの一家に関する心配は止まらず、自分と夫の間に生まれた二人の息子が仕事で成功を収める事を祈り、孫の幸せな未来を祈り、曾孫が試験で良い点数を取ることを祈り、その度に三礼……。三回目の礼の途中で呆気なくカットされてしまうシュールさが笑いを誘うシーンだ。

ルル・ワン監督の実話をもとに作られた本作。何と本シーンで一家が何度も三礼をする墓は実際にルル・ワン監督の祖父のものだそう。

また、本映像でナイナイが墓に向かって一家の幸せや繁栄を祈っていることからも分かるように中国の法事には独特の文化がある。今回はその中でも特に変わっているものを二つご紹介。

まず一つ目は、本作の予告でも印象的な「泣き屋」。中国の葬式では、雇われたプロの「泣き屋」が率先して泣き叫ぶことで、参列者が悲しみを押し殺さずに泣けるよう促すのだという。どれだけ泣き屋を呼べるかがその家の名誉だともされており、一回の葬式に50~60人の泣き屋が同席することもあるのだそう。

そして中国の法事における不思議な文化二つ目は、墓参りの際、その場で飲食をする、というもの。墓の前にゴザやシートを敷き、近況報告や子供の顔を見せながら、お供え物やあらかじめ作ってきた料理を食べるのだそう。この文化は日本の一部地域にも伝わり、沖縄では毎年4月に行われる先祖祭・清明祭にその習慣がみられるという。『フェアウェル』鑑賞の際は、心温まる感動実話と一緒に、中国との文化の違いにも注目してみよう。

フェアウェル
2020年4月10日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ショウゲート
© 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.