新型エンジンを実装した市販予定車BMW「R18」が4月3日(金)に発表される!?

BMWモトラッドが、温め続けていた新型車BMW「R 18」を間もなく公開することが分かりました。

BMWの象徴といえば、水平対向2気筒エンジン。ボクサーエンジンやフラットツインと呼ばれる型式のエンジンです。

画像: BMW R 1250 GSのボクサーエンジン www.autoby.jp

BMW R 1250 GSのボクサーエンジン

www.autoby.jp

現在このタイプは、「R 1250 GS」などに搭載されている1254ccの水冷ボクサーエンジンと、「R nineT」などに搭載される1170cc空油冷ボクサーエンジンの2種類があります。

画像: BMW R 1250 GS www.autoby.jp

BMW R 1250 GS

www.autoby.jp
画像: BMW RnineT URBAN G/S www.autoby.jp

BMW RnineT URBAN G/S

www.autoby.jp

そして新たに発表されるのが、超弩級1800ccの空油冷ボクサーエンジン、それを搭載した「R 18」です。

すでにこの「R 18」につながるモデルは、カスタムショー等で公開されてきました。

BMW「R 18」登場までの流れ 
 
2018年12月: 「DEPARTED(デパーテッド)」@ ヨコハマ・ホットロッド・カスタムショー」 ※Big Boxerエンジンを搭載したコンセプトバイクを世界初披露
 
2019年3月:「Revival Birdcage(リバイバル・バードケージ)」@ The Hand Built Show(テキサス) 
 
2019年5月: 「Concept R 18」@ Concorso d‘Eleganza Villa d’Este(イタリアコモ湖畔)
 
2019年11月: 「Concept R 18 /2」 @ EICMA(ミラノショー)

2019年5月に公開された「Concept R 18」

2019年11月に公開されたBMW「Concept R 18 /2」の映像 1分9秒

画像: Concept R 18 /2 paves the way! www.youtube.com

Concept R 18 /2 paves the way!

www.youtube.com

気になるBMW「R 18」の姿かたちは?

これから登場する「R 18」の姿かたちはまだ分かりませんが、BMW本国のサイトによれば、「cruiser segment」(クルーザー・セグメント)であるとのこと。そのため、これまでのコンセプトモデルと通ずる部分はありそうです。

さらにこちらでは、2020年4月3日(金)に公開することもすでに発表しています。

ちなみにエンジン単体も2019年11月に公開されました。

今回の発表は市販予定車か、それに限りなく近い状態で登場することが期待できるため、非常に楽しみです。

「ビッグボクサー」が一体どのような走りを生むのか気になるところですが、まずは4月3日(金)、webオートバイでも情報が入り次第、速報でお届けしたいと思います。

まとめ:西野鉄兵

画像: BMW Concept R 18 /2

BMW Concept R 18 /2

EICMA2019で公開されたBMW「Concept R 18 /2」の情報はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.