ホンダが動き出した! 「CT125 ハンターカブ」に関連する情報サイトをオープン

画像: www.autoby.jp
www.autoby.jp

2019年10月の東京モーターショー2019でプロトタイプの「CT125」が公開されて以降、注目度が高まる「CT125 ハンターカブ」。

この「CT125 ハンターカブ」という名称で販売されるということは、2020年1月に発表されました。

発売予定時期は2020年6月頃、税込価格は44万円前後になるだろう、というところまで合わせて公表されています。

さて、そんな「CT125 ハンターカブ」ですが、2020年3月13日(金)にいよいよホンダの公式サイトも動き出しました。

SUPER CUB FANSITE にて、〈What is CT?「CTとハンターカブ」〉と題した特設ページを構築。その第1回〈日本編〉が公開されたのです。

ここでは、ハンターカブが生まれた背景を詳しく解説しています。そして「CT」ネームは過去にどんなモデルに使われてきたかも紹介。

すでに「CT125 ハンターカブ」を買おうと思っている人はもちろん、カブファンの方や、バイクの歴史をたどるのが好きな方にはたまらない内容となっています。

この〈What is CT?「CTとハンターカブ」〉は、ひとまず第3回までは公開する模様。今後どういった内容が展開されるのかも楽しみです。

まとめ:西野鉄兵

東京モーターショー2019で世界初公開されたプロトタイプ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.