ブラックのボディにツートンカラーのシートを装備

スズキがネオレトロ・ロードスポーツバイク「SV650X ABS」の2020年モデルを2020年3月18日(水)に発売しました。

画像1: ブラックのボディにツートンカラーのシートを装備

主な変更点はカラーリング。メーカー希望小売価格は税込79万6,400円です。価格や諸元に変更はありません。

「SV650X ABS」は、「SV650 ABS」をベースに、カフェレーサースタイルの個性的な外観としたモデル。

ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートを装備したスポーツカスタムの要素を取り入れ、燃料タンクには「SUZUKI」の文字を入れるなど、レトロな印象に仕上がっています。

画像2: ブラックのボディにツートンカラーのシートを装備

2020年モデルのカラーは「グラススパークルブラック」。1色での展開となります。

画像: 左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウル。カフェレーサースタイルを強調するセパレートハンドルを搭載。

左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウル。カフェレーサースタイルを強調するセパレートハンドルを搭載。

画像: シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシート。前後一体型ですが、ツートンカラーにすることで、ライダー側とタンデマー側をはっきりと分けているのも特徴。

シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシート。前後一体型ですが、ツートンカラーにすることで、ライダー側とタンデマー側をはっきりと分けているのも特徴。

スズキ「SV650X ABS」主なスペックと価格

全長×全幅×全高2140×730×1090mm
ホイールベース1450mm
最低地上高135mm
シート高790mm
車両重量197kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量645cc
ボア×ストローク81.0×62.6mm
圧縮比11.2
最高出力56kW(76.1PS)/8500rpm
最大トルク64N・m(6.5kgf・m)/8100rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜
トレール量106mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込)79万6400円

ベースモデルとなっている「SV650 ABS」の2020年モデルも3月18日(水)に、発売されました!

スズキ「SV650X ABS」2020年モデルと2019年モデルの比較写真

画像: スズキ「SV650X ABS」2020年モデルと2019年モデルの比較写真

上が2020年モデルで、下は2019年モデル。

画像: 上が2020年モデルで、下は2019年モデル。

【アンケート】あなたは2020年モデルと2019年モデルどちらがお好きですか?

お好きな方をお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像1: 今年は黒! スズキ「SV650X ABS」の2020年モデルが3月18日に発売!
    2020年モデル「グラススパークルブラック」
  • 画像2: 今年は黒! スズキ「SV650X ABS」の2020年モデルが3月18日に発売!
    2019年モデル「オールトグレーメタリックNo.3」
  • 画像3: 今年は黒! スズキ「SV650X ABS」の2020年モデルが3月18日に発売!
    2020年モデル「グラススパークルブラック」
    52
    404
  • 画像4: 今年は黒! スズキ「SV650X ABS」の2020年モデルが3月18日に発売!
    2019年モデル「オールトグレーメタリックNo.3」
    48
    380

投票ありがとうございました!

スズキ「SV650X ABS」の解説と試乗インプレ(2018年)

スズキ「SV650X ABS」2019年モデルと2018年モデルの比較

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.