2020年2月12日に本国で発表されたアストンマーティン ヴァンテージのロードスターが、早くも日本でお披露目された。発表会での写真から、そのディテールを紹介しよう。

ソフトトップの開閉時間は、わずか7秒未満!

モータースポーツでも活躍するアストンマーティンのV8クーペ、ヴァンテージにロードスターが加わった。クーペの美しいスタイルを損なうことなくオープン化され、独特の形状のリアコンビランプなどもうまく継承されている。電動開閉のトップはファブリックで、Zパターンに折りたたまれるが、オープンは6.7秒、クローズは6.8秒という速さで開閉できる。しかも車重はクーペより60kgしか増えていない。

搭載されるエンジンはクーペと同じ、メルセデスAMGから提供されたものをベースにチューンして510psと685Nmを発生する4.0LのV8ツインターボ。これにZF製8速ATを組み合わせる。クローズドならば0→100km/h加速は3.8秒、最高速度は306km/hとアナウンスされている。

インテリアも基本的にクーペと同じ。上質のレザーでフルトリムされ、ラグジュアリーな雰囲気な中にもレーシーなイメージを感じさせるのは、アストンマーティンならではといえるだろう。しかも、オープン化されたにもかかわらず、トランクの容量は200Lを確保してフルサイズのゴルフバッグを積載が可能だという。

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 主要諸元

●全長×全幅×全高:4465×1942×1273mm
●ホイールベース:2704mm
●車両重量:1628kg
●エンジン:V8 DOHC ツインターボ
●排気量:3982cc
●最高出力:510ps/6000rpm
●最大トルク:685Nm/2000−5000rpm
●駆動方式:FR
●トランスミッション:8速AT
●タイヤ:前255/40R20、後295/35R20
●0→100km/h加速:3.8秒
●最高速:306km/h
●税込み価格:2159万9000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.