クルマ好きなら一度は憧れたことがあるだろうスーパーカー。その黎明期から現代までをたどる連載企画。第19回は「マセラティ カムシン」だ。

マセラティ カムシン(1973-1982年)

画像: エッジが効いたワイド&ローなボディは、前端に油圧で開閉するリトラクタブル式ヘッドランプを備える。

エッジが効いたワイド&ローなボディは、前端に油圧で開閉するリトラクタブル式ヘッドランプを備える。

スポーツカーはもちろんのこと、他のジャンルのクルマでも2シーター モデルの販売は難しいものだ。高級スポーツカー メーカーの老舗ともいえるマセラティですら、その例外ではなかった。

1973年のパリ モーターショーで、2シーターのギブリの後継モデルとなる2+2の高級スポーツクーペ「カムシン」を発表する。その車名はマセラティ伝統の「風」シリーズのひとつで、エジプトの砂漠地帯に吹き荒れる熱く激しい季節風に由来する。

その前身は1972年のトリノ モーターショーでベルトーネのブースに展示されたように、カムシンのデザインはそれまでのジョルジェット・ジウジアーロではなく、ベルトーネに在籍していた鬼才マルチェロ・ガンディーニの手になるものだった。

ウエッジシェイプのスタイリングという点では共通だが、ギブリのような優雅なイメージではなく、エッジの効いたシャープなものに一新された。デザイン上の特徴としては、運転席側にオフセットしたボンネット上の横長アウトレット(したがって左右対称ではない)と、後方視界を拡大するガラス製のリアパネルをテールランプの間に採用したことだった。

画像: フロントに搭載された4980ccのV8 DOHCは320psと49.0kgmを発生した。

フロントに搭載された4980ccのV8 DOHCは320psと49.0kgmを発生した。

駆動系はギブリから継承したコンベンショナルなFR方式を採用した。ホイールベースはギブリと同じ2550mmだったが、全長を190mm短縮して前後のオーバーハングを切り詰め、慣性低減を図って運動性能の向上を目指している。

フロントに搭載されたパワーユニットは、ギブリ SSと同じ5Lの90度V8 DOHCで、最高出力は320ps、最大トルクは49kgmを発生した。とくに大排気量エンジンならではの49kgmという大トルクが持ち味で、1700kgと当時のスポーツカーとしては重めな車体だが、0→100km/h加速は7.3秒、最高速度は275km/hというパフォーマンスを発揮した。

ただ、当時のマセラティはシトロエンの傘下にあり、同社が得意(特異?)とする高圧油圧システムを、ブレーキ/クラッチ/パワステ/リトラクタブル式ヘッドランプなどの作動に使用していた。それゆえ、このシステムの不具合が多発し、これがカムシンのネックになってしまった。さらに、第一次オイルショックの余波も受け、約430台で生産を終了した。

画像: リアエンドのテールランプの間にガラス製パネルを採用して後方視界を確保していた。

リアエンドのテールランプの間にガラス製パネルを採用して後方視界を確保していた。

マセラティ カムシン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4400×1800×1140mm
●ホイールベース:2550mm
●重量:1700kg
●エンジン種類:90度V8 DOHC
●排気量:4930cc
●最高出力:320ps/5500rpm
●最大トルク:49.0kgm/4000rpm
●燃料タンク容量:90L
●駆動方式:FR
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:215/70VR15

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.