全世界的に2020年4月から公開予定だった『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』について、日本でも公開延期となっていたが、国内公開日があらためて発表された。

国内では本年11月20日(金)に全国公開

MGM、ユニバーサルならびに本作のプロデューサーであるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより全世界の映画興行における状況を検証し、熟慮を重ねた結果、本作の英国での公開日を2020年11月12日(木)、全米公開を11月25日(水)まで延期することが先日発表された。

この延期を受け、国内では本年11月20日(金)に全国公開することが決定したと正式にアナウンスされた。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、シリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』(06)から最新作までの5作でジェームズ・ボンドを演じ、海外ではこれが最後のボンドと報道されるダニエル・クレーグが出演、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(15)、TVシリーズ「トゥルー・ディテクティブ」のケーリー・ジョージ・フクナガが監督を務める。さらに『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でアカデミー賞®主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックがシリーズ最凶の悪役として抜擢され、さらにレア・セドゥー、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レーフ・ファインズら豪華キャストが出演する。

シリーズお馴染みのビッグアーティストの主題歌には、本年度のグラミー賞にて史上最年少18歳で主要4部門受賞、5冠の快挙を達成したビリー・アイリッシュを起用、楽曲も発表され、さらなる話題を呼んでいた。

シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イーアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.