犬と男の冒険譚「野性の呼び声」(公開中)や動物と話せる医師が主役の「ドクター・ドリトル」など、人間と動物がタッグを組んだ作品が続々と公開されます。ひとくちに動物バディムービーといっても、動物本来の姿で登場する場合もあれば擬人化されてしゃべる場合も。そんな十匹十色の動物バディムービーをご紹介!

動物バディといえば!の王道コンビ
with イヌ

傷心の老冒険家×奇跡の名犬
「野性の呼び声」(2020)

画像: ジョンは不遇の人生を歩んできたバックを旅に連れ出す © 2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

ジョンは不遇の人生を歩んできたバックを旅に連れ出す
© 2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

約120年前に発表された不朽の名作をフルCGアニメーションで6度目の映画化。運命に導かれるように出会った波乱万丈犬バックと人類未踏の地を目指す男ジョン。命を預け合った彼らがたどり着いた景色とは?原作はアメリカで学校教材に使われているそうだが、まさに動物バディ映画の教科書のような展開。これぞベスト・オブ・バディ!

伝説の元殺し屋×妻の忘れ形見
「ジョン・ウィック」(2014)

画像: 妻からの最後の贈り物であるビーグル犬との出会いが、長い長いジョン・ウィックの旅路の始まり

妻からの最後の贈り物であるビーグル犬との出会いが、長い長いジョン・ウィックの旅路の始まり

“伝説の殺し屋”ジョン・ウィックと犬は切っても切れない間柄。なにせ彼の妻の忘れ形見のビーグル犬を殺されたことに端を発し、シリーズ4(製作予定)まで続いているのだから。孤高の職業である殺し屋には愛犬家が多いらしく、最新作「ジョン・ウィック:パラベラム」のハル・ベリー演じる女殺し屋もその一人。股間をピンポイントに狙うハイレベルな技を愛犬に仕込むなど、ブリーダーとしても優秀だ。

人類最後の生き残り×忠誠心が厚いシェパード
「アイ・アム・レジェンド」(2007年)

画像: バスタブの中でピッタリと身を寄せ合って眠るネビル&サム

バスタブの中でピッタリと身を寄せ合って眠るネビル&サム

ウイルスによって人類が滅びつつある世界で、おそらく唯一の生存者として愛犬サムと生き延びる科学者ネビル(ウィル・スミス)。救いのない状況と登場人物はウィルほぼ一人というガッチガチの緊張感の中、癒しを供給してくれるサムは超貴重な存在。ある時はネビルの精神安定剤に、そしてまたある時はネビルは俺が守る!と言わんばかりに先陣を切って廃墟へ。そんな大活躍からの悲劇は涙なくしては見られません。

気まぐれだけど懐いたら最強!
with ネコ

薬物依存の青年×茶トラの迷いネコ
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」(2016)

画像: ジェームズにとってボブは幸運を運ぶ“招き猫”!

ジェームズにとってボブは幸運を運ぶ“招き猫”!

薬物依存からの更生を目指すジェームズが出会ったのは茶トラの野良猫。ボブと名付けられたその猫と暮らすようになってから、仕事(路上ミュージシャン)も恋愛も絶好調!なんといってもボブのポジショニングが天才的で、散歩中はジェームズの肩の上、演奏中はギターの上、さらにハイタッチの特技まで備えたパーフェクトキャット。しかもこれ実話ナンデス。

人見知りの新聞記者×可憐な美女(中身はネコ)
「ネコのミヌース」(2001)

画像: こう見えても中身はネコ。もちろん好物はニシン

こう見えても中身はネコ。もちろん好物はニシン

極度な人見知りでクビ寸前の新聞記者ティベが秘書として雇った女性ミヌースの正体は、なんとネコ!可憐な見た目とは裏腹に突然木の上に登ったり、やたらニシンを欲しがったりと中身は猫そのもの。ミヌースが猫ネットワークを駆使して得たスクープをティベが記事にし、次々と手柄を立てていく。仲間のネコ(こちらはちゃんネコ姿)も大活躍するのでネコ好きの方もご安心を!

オシャレおじいちゃん×人懐っこい雄ネコ
「ハリーとトント」(1974)

リードをつけてのお散歩が定番スタイル

丸メガネと白いヒゲがお似合いのハリーと猫のトントは二人で一人。気ままに暮らしていたNYのアパートを立ち退く羽目になり、遠く離れた子供達の元へ向かうが......。どこへ行くにも一緒でハリーの腕の中がトントの定位置。トントの愛らしさはもちろん、人生の終盤にこんな風に寄り添い合える相手がいることの素晴らしさも教えてくれる。

withトラ

海難事故唯一の生存者×獰猛なトラ
「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(2012)

画像: バディというより戦友といったほうが近いかも!?

バディというより戦友といったほうが近いかも!?

動物移送中の船が海難事故に遭い、小さなボートでトラと漂流することになった少年パイ。当初は敵対していたが、いつしか餌の確保がパイの生きがいになり、そばにいるだけで落ち着く老夫婦のような存在になっていく。生死をさまよう濃密な時を過ごしたにもかかわらず、トラとの別れは至極あっさり。それを嘆くのは人間ならではの感覚なんだなあ。

with オランウータン

ケンカが強い運転手×お調子者のオランウータン
「ダーティファイター」(1978)

画像: 作中ではみんな“サル”と言ってたけれど......

作中ではみんな“サル”と言ってたけれど......

若き日のクリント・イーストウッドがケンカっ早いトラック運転手を演じるアクション・コメディー。惚れた女性歌手を追って旅に出るが、その相棒はなぜかオランウータン!最初は違和感アリアリだが、酒場のカウンターで瓶ビールをあおったり、トラックの助手席に恋人ヅラ(注:オス)して座っていたりと、あまりにも人間らしく振る舞うので次第に人間に見えてくるというマジック。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.