2020年3月6日、グループPSA ジャパンは、シトロエンのコンパクトカー「C3」の車両本体価格を4月1日から変更すると発表した。

グレードによるが2万9000円〜3万4000円の価格アップ

シトロエン C3はグループPSAのシトロエンが生産・販売するBセグメントのコンパクトカーだ。初代は2002年に発売され、現行型は2016年(日本では翌2017年)に発売された3代目となる。ボディサイドにエアバンプが装着されたユニークなスタイルだが、WRCで活躍するマシンのベース車両でもあり、そのポテンシャルは侮れない。

日本仕様は装備などの違いで、FEEL(フィール)とSHINE(シャイン)の2グレードが設定されている。搭載されるエンジンはいずれも110psと205Nmを発生する、1.2Lのピュアテックと呼ばれる直3ターボエンジンで、6速トルコンATと組み合わされている。駆動方式はFFで、ハンドル位置は右のみ。

画像: ボディカラーは、アーモンドグリーン/ノアール オニキスの2トーン。

ボディカラーは、アーモンドグリーン/ノアール オニキスの2トーン。

今回の価格改定で、C3の車両本体価格(税込)は、以下のようになった

C3 フィール(内装色:グレー)=229万円(従来型+2万9000円)
C3 シャイン(内装色:グレー)=254万円(従来型+3万4000円)
C3 シャイン(内装色:アーバンレッド)=256万円(従来型+3万4000円)

なお、ペイントオプション(カラーによるが、2万4800円〜4万9500円)およびパノラミックグラスルーフ(10万2000円)の価格に変更はない。

シトロエン C3 フィール 主要諸元

●全長×全幅×全高:3995×1750×1495mm
●ホイールベース:2535mm
●重量:1160kg
●エンジン種類:直3 DOHCターボ
●排気量:1199cc
●最高出力:81kW<110ps>/5500rpm
●最大トルク:205Nm<20.9kgm>/1500rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:横置きFF
●JC08モード燃費:18.7km/L
●タイヤサイズ:205/550R16
●税込価格:229万円(2020年4月1日より)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.