月刊『オートバイ』の用品テスター・チーフの太田安治がその特徴を解説!
文:太田安治/モデル:梅本まどか/写真:南 孝幸

一滴ずつ給油で愛車をじっくりメンテナンス

画像: DAYTONA「高浸透チェーンオイル点射タイプ」 税別3,500円 高浸透タイプでリンクプレートの隙間、ローラー部分までムラなく届く。約50回分で3500円だから、1回あたり70円という低コストも魅力。

DAYTONA「高浸透チェーンオイル点射タイプ」

税別3,500円

高浸透タイプでリンクプレートの隙間、ローラー部分までムラなく届く。約50回分で3500円だから、1回あたり70円という低コストも魅力。

ドライブチェーンに給油が必要なことはライダーの常識。現在のDIYメンテではスプレータイプのチェーンオイルを使うことがほとんどだが、かつては液体のチェーンオイルをオイルフィラー(油差し)に入れ、チェーンのリンクとプレートの隙間に流し込んでいた。スプレー式のようにホイール回りに飛び散らないし、コスト的にも圧倒的に安い。

デイトナの『高浸透チェーンオイル点射タイプ』は、チェーン潤滑専用に開発されたオイル100㎖と点射用スポイトのセット。チェーンの1コマずつに、確実に点射できる。標準的な使用量は110リンクのチェーンで2㎖程度だから、ざっと50回分。じっくりメンテ派にはたまらない商品だ。

画像: 付属のスポイトを使えばプレートの隙間に確実に給油できる。写真は林道走行で油分が薄くなったオフ車。本来はチェーンクリーナーで古いオイルや泥を落としてから塗布するのが正しい。

付属のスポイトを使えばプレートの隙間に確実に給油できる。写真は林道走行で油分が薄くなったオフ車。本来はチェーンクリーナーで古いオイルや泥を落としてから塗布するのが正しい。

スポイトで吸い出して1コマづつ給油、という手間を楽しみたい。給油後の拭き取り作業はスプレー式よりも簡単だ。

デイトナ公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.