2020年3月3日、マクラーレン・オートモーティブはイギリス‏・ウォーキングにある本社で新型スーパーカー「765LT」を公開した。ジュネーブショーでデビューすると言われていたモデルは、1990年代のマクラーレンF1GTRで幕を開けたロングテールの物語の新しい章を飾ることになる。

V8ツインターボは765psを発揮、車両重量はわずか1229kg

マクラーレン765LTはスーパーシリーズの最高峰に位置づけられるモデルで、720Sをベースに誕生した最新の「ロングテール」は、4L V8ツインターボエンジンに改良を加え、720Sと比較して、最高出力はプラス45psの765ps、最大トルクがプラス30Nmの800Nmを発揮。675LTの後継として、「マクラーレン史上最もパワフルなLT」となる。

カーボンモノコックやアルミニウムクラッシュボディ構造、カーボンファイバー製ボディパネルやチタン製エキゾーストシステム、軽量デュアルサスペンション、ボリカーボネート素材の活用など、伝統的にロングテールモデルは軽量化を大きなテーマとしており、乾燥重量はわずか1229kg、1トンあたり622psというパワーウェイトレシオを実現している。

また、マクラーレン セナで採用されたカーボンセラミック・ディスクブレーキ、キャリパー冷却ダクト、チタン製のエキゾーストシステムなど、最先端の技術を多用。車名にもなっているロングテールを備えるなど、エアロダイナミクス性能も徹底的に追求している。

この結果、0→100km/h加速2.8秒、0→200km/h加速7.2秒、最高速330km/h、100→0km/h制動29.5mというパフォーマンスを実現した。

このマクラーレン765LTは顧客の注文に応じて生産されるが、その生産台数は厳格に765台に限られている。価格は近日中に発表され生産を開始、デリバリーは9月から始まるという。

画像: スーパーシリーズの最高峰に位置づけられる765LTがついに全貌を現した。

スーパーシリーズの最高峰に位置づけられる765LTがついに全貌を現した。

マクラーレン 765LT 主要諸元

●全長×全幅×全高:4600×1930×1157mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1229kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●排気量:3994cc
●最高出力:765ps/7500rpm
●最大トルク:800Nm/5500pm
●トランスミッション:7速
●駆動方式:MR
●0→100km/h加速:2.8秒
●0→200km/h加速:7.2秒
●最高速:330km/h
●100→0km/h制動:29.5m

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.