クルマ好きなら一度は憧れたことのあるだろうスーパーカー。その黎明期から現代までをたどる連載企画。第12回は、フェラーリ 365GT/4 BBから進化した512BBを紹介しよう。

365から512へ。外観の変更は少ないが中身は進化

フェラーリ 512BB(1976-1981年)

画像: フロントスポイラーの形状などが違うが、パッと見では365GT/4 BBと見分けがつきにくい。

フロントスポイラーの形状などが違うが、パッと見では365GT/4 BBと見分けがつきにくい。

365GT/4 BBの後継モデルとして、1976年のパリ モーターショーで発表されたのが「512BB」だ。それまでの伝統的な1気筒あたりの排気量による車名表記をやめて、総排気量と気筒数での表記を初めて採用し、周囲を驚かせた。すなわち、512とは「5Lの12気筒」を意味している。エンジンは365GT/4 BB同様、180度のV12 DOHCだが排気量を4943ccにアップし、縦置きミッドシップ搭載。

9.2の圧縮比と4基のウエーバー製トリプルチョーク 40IF3C キャブレターを装着し、最高出力は360psを発生した。先代の365GT/4 BBより出力は20psダウンしたが、最大トルクは2kgmアップした46.0kgmとなり、最高速度は302km/hと公称している。しかしこれは多分にランボルギーニ カウンタックを意識した数字で(カウンタックの最高速度は公称300km/h)、完調でも300km/hを超えるのは難しいといわれる。

画像: リアは2連円形レンズおよびツインエキゾーストパイプに変更された。エンジンフードのルーバー配置も異なる。

リアは2連円形レンズおよびツインエキゾーストパイプに変更された。エンジンフードのルーバー配置も異なる。

ボディデザインはピニンファリーナによる365GT/4 BBの延長線上にあるため見分けがつきにくいが、一体式フロントスポイラーやリアアーチホイール前方に設けたエキゾーストシステム冷却用のNACAダクトが識別点になる。

365GT/4 BBより排気量をアップしてトルク重視としたおかげで格段に滑らかになった加速感なので大成功を収めた512BBはスーパーカーブームを代表する1台となり、929台が生産されている。

フェラーリ 512BBi(1981-1984年)

画像: 512BBまでは2トーンのカラーリングが多かったが、512BBiでは単色塗装のモデルが中心となった。

512BBまでは2トーンのカラーリングが多かったが、512BBiでは単色塗装のモデルが中心となった。

年々厳しさを増す北米の排出ガス規制をクリアするため、フェラーリはパワーユニットの燃料供給装置の見直しを図る。フラッグシップの512BBでは、ウエーバー製のキャブレターを諦めてボッシュのKジェトロニック(機械式燃料噴射装置)を採用。車名も512BBi(iはインジェクションを表す)となった。

デビューは1981年のフランクフルト モーターショー。512BBよりも最高出力は20psダウンし、レブリミットも200rpm低いためインパクトには欠けた。それでも始動性などが良く扱いやすいため、1984年までに1007台が生産され、次期世界戦略車となるテスタロッサに後継を託した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.