ベントレーが誇るコーチビルダーであるマリナーの新作「バカラル」が、2020年3月3日に英国クルーのベントレー本社で初公開された。

ビスポーク ベントレーの最高峰を目指す

16世紀から連綿と歴史を刻んできた、コーチビルダーの名門であるベントレー マリナー。そのマリナーの新作が、これまで以上にオリジナリティあふれるビスポーク(注文製作)ベントレーの「バカラルだ」。

「2シーターオープンカーの魅せる究極のラグジュアリーを具現化」というコンセプトのもとに製作されるバカラルは、他のベントレー車とのボディパネルの共用は一切ない。まったくのオリジナルだ。しかも、製作台数は12台のみ。その希少価値をどう表現すればよいのか迷ってしまう。

画像: クラフトマンシップの結晶ともいえる彫刻を思わせるエクステリアデザイン。

クラフトマンシップの結晶ともいえる彫刻を思わせるエクステリアデザイン。

メキシコのユカタン半島にあるバカラル湖にちなんで命名されたバカラルは、ベントレー100周年記念で発表されたEXP 100GTに啓発されるように、未来のラグジュアリーを見据えた要素がふんだんに採用されている。

彫刻を思わせるダイナミックなフォルムがその代表例だ。デザインチームの強い意欲が見て取れる。特徴的なバルケッタデザインと流麗なインテリアは、乗る者を爽快な気分にさせ、2シーターオープンでの走る歓びをさらに高めてくれるだろう。

サステイナブルへの意識も高い。もみ殻の灰を原料とする塗料や5千年前の「リバーウッド」の素材がバカラルに使用されている。パワーソースは、最高出力659ps/最大トルク900Nmを発生する6.0LのW12 TSIエンジン。AWDにより全輪がこのパワーをしっかりと受け止めて、ラグジュアリーグランドツアラーとしての走りを堪能させてくれる。

ちなみに、限定12台の行先はすでに決まっているという。

画像: 流れるようなラップアラウンドデザインが採用されたインテリア。

流れるようなラップアラウンドデザインが採用されたインテリア。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.