2020年3月3日、フォルクスワーゲンはSUVのEV(電気自動車)「ID.4」のプロトタイプと、新型ゴルフのGTIやGTE、GTDのコンセプトカーを公開した。

量産モデルに近いコンセプトカーとして登場したID.4

2020年3月3日、スイスで開催される予定だったジュネーブ国際モーターショーが新型コロナウイルスの影響により中止となった。これを受けてフォルクスワーゲンは、この会場で公開予定だったモデルのうち、ID.4やゴルフGTIなどをオンラインストリーミングで配信・発表した。

この映像で公開された中でも、目玉はSUVの電気自動車「ID.4」だろう。すでにいくつかのモーターショーで公開されたコンセプトカーID.CROZZを、より量産モデルに近い形に進化させたもので、2020年内に欧州市場をはじめとして北米、中国でも販売されるという。

全高の高いSUVながら空力性能を最大限に高めることで航続可能距離は約500km(WLTP)にも及ぶ。また大容量バッテリーはアンダーボディの中央付近に配置され、低重心で前後重量配分に優れた高い運動性能も発揮するという。この量産モデルはまず後輪駆動モデルとして発売され、のちに電動4WDモデルの追加も予定している。

画像: 2020年中に欧州で発売されるID.4。画像ではカモフラージュを施されているが、ボディ形状は市販モデルに近いという。

2020年中に欧州で発売されるID.4。画像ではカモフラージュを施されているが、ボディ形状は市販モデルに近いという。

フォルクスワーゲンの電動化戦略は「ID」ブランドだけでなく、もちろんフォルクスワーゲンブランドでも着々とモデル数を増やしてきている。従来のゴルフにもラインナップされている「GTE」モデルはプラグインハイブリッドモデルで、第8世代ゴルフ(日本未導入)にも追加されることになる。

パワートレーンは150psの直4ターボエンジンと115psの電気モーターが組み合わされ、システム合計は最高出力で245ps、最大トルクで400Nmを記録する。ちなみにバッテリー容量の拡大により航続可能距離を延伸、電気モーターの出力を向上、そして電気モードによる走行で最高速130km/hまで加速できるなど性能向上を果たしているという。

さらに新型ゴルフのGTシリーズとして、ガソリンモデルの「GTI」とディーゼルモデルの「GTD」もあわせて公開された。GTIに搭載されるエンジンは2L直4ターボで、245ps/370Nmを発生する。この数値、従来のGTI(230ps/350Nm)より高く、その高性能グレードにあたるGTIパフォーマンスとまったく同じ数値だ。一方のGTDが日本に導入される可能性は低いと思われるが、200ps/400Nmをとても低い回転域で発生する2L直4ディーゼルターボエンジンを搭載する。

3台ともコンセプトカーとなっているが、いずれも市販モデルに近い状態だという。ただ、日本への導入時期や、スペックの詳細、装備内容など詳しい情報は公開されていない。期待して待とう。

画像: 新型ゴルフのスポーツモデル、右からGTD、GTI、そして左奥がプラグインハイブリッドのGTE。

新型ゴルフのスポーツモデル、右からGTD、GTI、そして左奥がプラグインハイブリッドのGTE。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.