100年もの間愛され続ける世界的ベストセラーを基に新たに生み出されるアクション・アドベンチャー『ドクター・ドリトル』が2020年3月20日(金・祝)より全国公開。新たなドリトル先生ことロバート・ダウニー・ジュニアが映画の魅力を解説する特別映像が到着した。

「子供の頃に観ていた映画に立ち戻った作品」

本作の主人公で《動物と会話がで本きる名医・ドリトル先生》を演じるのは、『アイアンマン』シリーズや『シャーロック・ホームズ』シリーズで世界的人気を博すロバート・ダウニー・ジュニア。彼がカメラの向こうにいる観客に向かって『ドクター・ドリトル』の魅力について自ら解説していく様子が映し出される映像が到着!

画像1: 「子供の頃に観ていた映画に立ち戻った作品」

冒頭で「動物と話したい?僕は話せる。」と明かすように、ダウニー・ジュニア演じるドリトル先生は”動物と会話のできる名医”!オウムのポリーに初めて動物の言葉を教わったことをきっかけに様々な動物の言葉を習得し、今となっては世界中に動物の友だちがいるドリトル先生の家には、オウムのポリーのほかに、ゴリラのチーチーやシロクマのヨシ、アヒルのダブダブといった多種多様な動物たちが共に生活をしている。

画像2: 「子供の頃に観ていた映画に立ち戻った作品」

本作では、そんなドリトル先生と個性豊かな動物たちが病に倒れた若き女王を助けるため伝説の島を目指して大冒険! 映像には、動物たちと船に乗って大航海に出たり、彼らの背中に乗って街のなかで逃走劇を繰り広げる様子も映し出されますが、ダウニー・ジュニアも「おしゃべりするだけじゃない。冒険があり、ワクワクする。絶対に気に入るよ!」と、壮大なアクション・アドベンチャーが繰り広げられていく本作に太鼓判を押している。

画像: 『ドクター・ドリトル』<ドリトル先生>特別映像 youtu.be

『ドクター・ドリトル』<ドリトル先生>特別映像

youtu.be

本作に参加した理由について「僕には子供がいるんだけど、子供たち全員と出かけられる映画があれば楽しいなと思っていた。宇宙からの侵略の泥沼劇にしばらくハマっていたので、今度は自分が子供の頃に観ていた映画に立ち戻った作品をやってみたいという気持ちがあったんだ。」と明かしているダウニー・ジュニア。その想いの通り、本作には、大人には子どもの頃に夢見た壮大な旅物語を思い出させ、そして子どもたちには無限大の想像力をより一層掻き立て新たな夢を抱かせる大冒険が詰まっている。

画像3: 「子供の頃に観ていた映画に立ち戻った作品」

『ドクター・ドリトル』ストーリー
動物と話せるドリトル先生は、名医だが変わり者。世間から遠ざかり、様々な動物たちとひっそりと暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険の旅に出発する。一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、ドリトル先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。ほかにもメガネをかけた忠実な犬や、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫など数多くの生き物が登場!旅の中で明らかとなっていく、ドリトル先生の過去、国を揺るがす陰謀……物語はめまぐるしく動き出す。

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

© 2020 UNIVERSAL STUDIOS and PERFECT UNIVERSEINVESTMENT INC. All Rights Reserved

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.