白雪姫をモチーフに繰り広げられる極上エロティックスリラー『Pure as Snow(原題)』が『白雪姫〜あなたが知らないグリム童話〜』の邦題で2020年4月24日(金)より劇場公開することが決定した。
画像1: 過激で妖艶でエロティック!“大人向け"の白雪姫映画が公開
画像2: 過激で妖艶でエロティック!“大人向け"の白雪姫映画が公開
画像3: 過激で妖艶でエロティック!“大人向け"の白雪姫映画が公開

フランス映画界の女神ルー・ドゥ・ラージュがヒロインを妖艶に演じる

グリム童話やディズニー映画などで知られる『白雪姫』の物語。それが今"大人向け"の物語として新たに生まれ変わる。

本作の主人公は美しく若い女性のクレア。彼女は義理の母親のモードによって運営されている、死んだ父親が経営していたホテルで働いている。クレアはモードに対して制御しがたい嫉妬心を抱えているが、一方で、モードの若い恋人はクレアに恋をする。その事を知ったモードは、クレアを永遠に葬ろうとする。

間一髪、見知らぬ男に助けられたクレアは彼の双子の兄弟とチェリストが住む牧場で一緒に暮らすことに。生活を共にしていくうちに、一人、また一人と彼女の魅力にやられ恋に落ちていく男たち。そして、次第にクレアも彼女の中で何かが解放されていくことを感じ始める。

命の危機を感じて逃げ、隠れて生活していく中で次々と男を翻弄してゆく娘を妖艶に演じるのは、フランス映画界の女神、ルー・ドゥ・ラージュ。恋人を義理の娘に奪われかけ、嫉妬に狂う義母をフランスを代表する国際派女優、イザベル・ユペールが圧倒的な演技力で演じる。

監督は「恍惚」「ココ・アヴァン・シャネル」「夜明けの祈り」など数多くの作品で脚光を浴び、つねに女性の生き方や愛の目覚めを描き、現代のフランス映画界を牽引するひとりアンヌ・フォンテーヌ監督。今までにない過激なのに妖艶で美しい大人の白雪姫がこの春、誕生する。

白雪姫〜あなたが知らないグリム童話〜
2020年4月24日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開
配給:プレシディオ
© 2019 Mandarin Production – Gaumont

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.