NEXCO中日本と中日本エクシスは、東名高速道路 海老名サービスエリア(下り)が2月27日(木)9時に第一期リニューアルオープンすると発表した。(イラスト画像はイメージです)

ショッピングコーナーがオープン。フードコートには地元の人気店も

1968年に東名高速の東京インターチェンジ(IC)-厚木ICが開通以来、営業を続けている海老名サービスエリア(SA)。平日でも1日あたり3万人、休日は1日あたり6万人もの利用者があるという。もちろん、この利用者数は日本一を誇る。そんな海老名SAも今までに2回(1991年と2003年)リニューアルされ、今回が3回目となる。

今回のリニューアルでは、商業施設の東側(高速道路側から見て左側)を約250平方メートル増床し、新たにショッピングコーナーをオープンするほか、レストランとフードコートもリニューアルオープンする。第一期リニューアルの概要は、以下のとおり。

●ショッピングコーナー

画像: ショッピングコーナー「SASTAR」のイメージ。

ショッピングコーナー「SASTAR」のイメージ。

増床した建物に新たにオープンするショッピングコーナー「SASTAR(サスター)」では、東京の定番みやげや海老名SA(下り)だけでしか手に入らないものを多数用意。セルフレジも導入された。

●レストラン

画像: テイクアウトコーナーも新設された「海鮮三崎港」のイメージ。

テイクアウトコーナーも新設された「海鮮三崎港」のイメージ。

地元・神奈川の三崎港で水揚げされたマグロを提供する「海鮮三崎港」が、店外から店内も見渡せるような開放感ある店舗にリニューアルオープン。順番受付サービスの「EPARK(イーパーク)」を高速道路で初導入。テイクアウトコーナーも新設された。

●フードコート

画像: 左から「うすいファーム」、「豊洲食堂」、そして「なんつッ亭」が並ぶ、フードコートのイメージ。

左から「うすいファーム」、「豊洲食堂」、そして「なんつッ亭」が並ぶ、フードコートのイメージ。

地元・神奈川の「うすいファーム」(あつぎ豚を使用したメニューが中心)が高速道路初出店。「豊洲食堂」(海鮮系)と「なんつッ亭」(ラーメン)も専門店としてオープン。出入口側には、「サーティワン アイスクリーム」もリニューアル。コーヒーショップ「RE:Coffee(リ コーヒー)もオープンする。

また、リニューアルオープンを記念して、2月27日(木)~3月1日(日)の4日間は、レストランとフードコートで割引メニューが販売される。

なお、海老名SA(下り)は今後も第二期リニューアルとして西側の工事を進め、2020年6月には「EXPASA 海老名(下り)」としてグランドオープンする予定だ。ますます進化する海老名SA(下り)。ドライブ途中の休憩地ではなく、ここを目的地に出かけるのもいいかもしれない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.