FCAジャパンは、フィアット 500と500Cに鮮やかなイエローのボディカラーを採用した限定車「Mimosa(ミモザ)」を設定して、2020年3月7日より発売すると発表した。

イタリアで女性の日に贈られるミモザの花をイメージ

画像: ボディカラーは、鮮やかなハッピーイエロー。

ボディカラーは、鮮やかなハッピーイエロー。

年に何回か特別限定車を日本に導入しているフィアットのコンパクトカー、フィアット 500(チンクエチェント)と、そのセミオープントップモデルである500C。今回の限定車は、ボディカラーに鮮やかなイエローを採用した「ミモザ」だ。

この限定車は、イタリアで女性の日(3月8日)に感謝の意を込めて贈られるミモザ(アカシア)の花をイメージしたボディカラーを採用している。目に鮮やかなハッピーイエローのボディが、コンパクトで可愛いフィアット 500/500Cの明るく楽しい気分を、さらに盛り上げてくれる。また、ドアミラーのハウジングはミモザ専用にブラック仕上げとされている。

インテリアには、ボディと同じイエローのインストルメントパネルが特別装備され、車内に華を添える。上品なアイボリーの内装と相まって、乗る人すべてをやさしい雰囲気で包みこんでくれそうだ。

画像: ボディカラーと同じイエローのインストルメントパネル。

ボディカラーと同じイエローのインストルメントパネル。

ベース車は、1.2Lの直4エンジンを搭載した「500/500C ポップ」。フィアット 500のベーシックグレードながら、体型に合わせて高さを調整できるシートや、停車時に無駄な燃料消費を抑えるスタート&ストップ システム、アップル カープレイやアンドロイド オートに対応したオーディオプレイヤーなどを標準装備している。

500C ミモザはベース車同様にワンタッチで開閉できる電動開閉式ソフトトップを備えている。ソフトトップの色はアイボリーとなり、走行中はもちろん停車中もオシャレな雰囲気を演出してくれる。

車両価格(税込)は、500 ミモザが208万円、500C ミモザが274万円。販売台数は、500 ミモザが300台、500C ミモザが80台の計380台限定。いずれもハンドル位置は右のみで、トランスミッションは5速デュアロジックAMTのみの設定となる。

画像: 500C ミモザはアイボリーの電動開閉式ソフトトップを採用。

500C ミモザはアイボリーの電動開閉式ソフトトップを採用。

フィアット 500(500C) ミモザ 主要諸元

●全長×全幅×全高:3570×1625×1515mm
●ホイールベース:2300mm
●重量:990kg(1030kg)
●エンジン種類:直4 SOHC
●排気量:1240cc
●最高出力:51kW<69ps>/5500rpm
●最大トルク:102Nm<10.4kgm>/3000rpm
●トランスミッション:5速AMT
●駆動方式:横置きFF
●タイヤサイズ:175/65SR14(185/55R15)
●税込価格:208万円(274万円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.