バイクにスノータイヤ? チェーンじゃなくて( ・∇・)??

「雪が降ったらバイクには乗れない」ってイメージがあるんですけど。確かに、実家の長野県や北海道に行ったとき、郵便局員さんがチェーンを巻いたスーパーカブに乗っていた気はするけど…。

イメージが湧かなすぎて、ロケ準備のとき何を思ったのか「革ツナギ持っていきますか?」って聞いてる自分(笑)

webオートバイ編集長(鬼担当)に
「それ、面白いね。」って言われた時、「あぁ〜なんかヤバい提案をしてしまったかも〜」って気づきました( ̄▽ ̄;)

ロケ出発→
積雪情報をチェックしながら北関東のスキー場を目指してみたものの、進んでも、進んでも、雪がないΣ( ºωº )
結局、高速道路で関越トンネルを抜け、着いた行き先きは新潟県! ほんとに今年は雪が少ないですね〜(撮影日は1月中旬でした)。そう言えば今年雪を見るのは初、特に感動しませんでした(長野で生まれ育ったもんでw)

画像: 北関東のスキー場周辺。ゲレンデまで数キロの場所でも、路面はこんな感じでした。

北関東のスキー場周辺。ゲレンデまで数キロの場所でも、路面はこんな感じでした。

てか、ほんとにこのタイヤで走るの?
今回PCXに装着しているタイヤは、IRCの「SN26」って言うスノータイヤだそうです。

不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

まずは薄ら雪があるような、みぞれの上で走ってみました。正直言って、転びたくないから、めちゃくちゃ集中して運転してて、タイヤの性能とか良く分からなかった(笑)。でも滑らずに通過出来たから、やっぱりノーマルタイヤと違うのか?っていうのが1回目の感想。

続いて、しっかり足跡が付くくらい、5cm以上は雪が積もってる上で挑戦!

画像1: 不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

そして出ました「革ツナギ」
しかも、中に着るインナー忘れたというね…この先はご想像にお任せしますm(_ _)m

画像2: 不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

フロントが取られて、腕がガタガタ〜と左右に振りながら、足も着いてバランス取らないと耐えられない状態でした(´Д`;)
でもブレーキしても滑らないところは、凄い!

画像3: 不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

更に積もってるところに行け!って言われて、突っ込んだら全く進めなくなって雪にハマった(・・)。
動けなくて、寒くてマジで泣きそうだったわw しかも引き戻すのも大変だし。←中々、鬼担が助けに来ないし! ムービー回してるし<(`^´)> おい!早く救出してくれやw

画像4: 不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

1日でスノータイヤの底力と限界を知った気がします。でも、これがノーマルタイヤだったら、今回走ったところは走れないんだろうなぁ〜って思うとやっぱり1日通して、1回もコケてないから凄いですよね?笑

画像5: 不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

前に進めてるし! ブレーキ効くし!
冬でもバイクが必要な地域では、チェーンを巻かなくてもこのスノータイヤで走れたら、すっごく便利だろうなって思いました。

さすがに走れる雪の深さには限界がありますけど。初めての体験で不安だらけだったけど、結果楽しかった?かな(笑)

とりあえず、革ツナギで雪道は寒い。

画像6: 不安だし、心配だし、コケたら痛いよね…。

走行の模様は動画でご覧ください!

画像: ちゃんと走れるの? IRCのスノータイヤを装着したPCXで、雪上走行にチャレンジ! youtu.be

ちゃんと走れるの? IRCのスノータイヤを装着したPCXで、雪上走行にチャレンジ!

youtu.be

ちゃんとした(?)レポートはコチラから!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.