画像1: ほぼ月刊「梅本まどかとオートバイ」vol.24 ホンダ CRF1100L  Africa Twin

よく名前を聞くアフリカツイン。

Honda Dream店に行くと見かけるので、いつもかっこいいなぁ。と思っていたのですが、、、

「まさか自分が乗れる日が来るとは!!!」

そんなアフリカツインですが、乗ってみるととても快適で、何かに運ばれているようなそんな雰囲気に「なんだこれは⁈」とびっくり!!

とても有名だしよく見るバイクですが、私はアフリカツインについての情報で、何を知っているのか乗る前に考えてみました。

パッと浮かんだのは、「大きくて重い!」「顔がかっこいい」「ついているものがゴージャス?!」「どこにでも行けそうだけど、小回りが難しそう」など、かなりざっくり。笑

みなさんは、「アフリカツイン」というと何を思い浮かべるのかな?

画像1: よく名前を聞くアフリカツイン。

昨年の東京モーターショーの時に、シートがローダウンになったからと跨らせて頂いたとき、少し足がついた事は覚えていたのですが、どれくらいついたかな?!と、思い出していました。

私は大きいバイクにあまり乗った事がなかったり、心配性でメンタルが弱く、足つきが悪いと怖いなぁ。と思ってしまうので、当日は乗れる楽しみな気持ちと心配な気持ちとで凄くドキドキしながら編集部に向かいました。

さて、気にしていた足つきですが、身長164cmの私には平らな地面だとつま先がちゃんと着きました!

画像2: よく名前を聞くアフリカツイン。
画像3: よく名前を聞くアフリカツイン。
画像4: よく名前を聞くアフリカツイン。

さすがローダウンシート。
これはかなり嬉しいですよね!
大きいバイクは足つきが悪いイメージですが、これだけ付けば安心です( ´ ` )

でも、私にはもうひとつ心配な点がありました。
それは"重さ"です。

車体が大きいので重量があるのはもちろんですが、私の力でどこまでどう出来るか?と、やはり心配になります。私は、乗る時になるべく跨ってからスタンドを払っています。それは、跨ったまま起こした時にスタンドが出ていた方が安心と感じるからなのですが、重たいバイクは車体を起こしてからでないと跨がれません。

心配性の私は、何かバランスを崩した時に怖いなぁ...と、そんな事を考えてしまいます。

バイクに傷がつくのは嫌ですからね>_<

しかし、実際にアフリカツインに跨って車体を起こしてみたら、あの足つきの良さで平らな地面だと普通に起こす事が出来たのです!

「意外とできちゃう♪」という嬉しさに胸が弾んじゃいました(*⁰▿⁰*)♪

これならどこでも大丈夫かなぁ♪と思っていたのですが、左下がりの斜めの場所だと、起こすのにより力がいるため、なかなか難しかったです。

そういうときは、早々に諦めて車体を反対に向けて、右下がりにしたら楽々できちゃいました♪

憧れのアフリカツインに乗るためだから、こういったバイクに対して自分の出来る事、出来ない事を把握するのも大事に乗るために大切なんだなぁ。と、今まで足つきが良くて軽いバイクにばかり乗っていた私にとって初めて感じた感覚でした。

画像5: よく名前を聞くアフリカツイン。

乗る事については少し難しい所もありましたが、走ったらホントにラクで快適で驚きました!!

特に高速道路はホントに最初に書いたように運ばれていくような感覚!

DCTなので操作も少なく、どんどん進んでくれます。

私は、あまり車高の高いバイクは得意ではないのですが、アフリカツインのどっしり感とアドベンチャーに対するなんでも対応してくれそうな安心感から、いつもよりも気楽に眺めを楽しみながら高速道路も走れちゃいました♪

体感速度と実際のスピードで結構な差があり、高速道路で100km/hが70km/hくらいに感じて、メーターを見て驚いた事もありました。

それだけ優雅に、風を強く感じることなく、パワーもあるので、ホントに快適な空間で、どんどん進んでくれるアフリカツインの凄さを、改めて実感しました。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.