最近の“シスターフッド映画”の快進撃は、これまでに作られてきた女性映画の名作なくして語れません。女性ならではの葛藤、衝突、共闘、そしてかけがえのない絆――胸を熱くさせられる“女性たちの映画”の傑作12本を厳選紹介!(文・石井エリカ/デジタル編集・スクリーン編集部)

「チャーリーズ・エンジェル」 シリーズ

3人の友情に女友達の素晴らしさを再認識

画像: 3人の友情に女友達の素晴らしさを再認識

監督:マックG
出演:キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー、ビル・マーレイ

言わずと知れた人気TVシリーズの映画化作!映画界引退状態のキャメロンが最も輝いていた、あの頃の作品でもあります。天然ボケのナタリー(キャメロン)、ワルい男に惹かれがちなディラン(ドルー)、しっかりものだけど料理がド下手なアレックス(ルーシー)...。

3人で爆笑したりダンスしたり、その姿を見るだけで「女友達っていいな」という気持ちをもらえるはず!レースクイーンやベリーダンサー、修道女などのキュート&セクシーなコスチュームにもご注目♡♡♡

ここに感動!

続編の『フルスロットル』では、1作目以上にシスターフッドに焦点を当てたストーリーに。仲間を守るためエンジェルを引退しようとするディランの葛藤に、こっちもヤキモキ!

「ピッチ・パーフェクト」シリーズ

アカペラの歌唱パフォーマンスが圧巻!

画像: アカペラの歌唱パフォーマンスが圧巻!

監督:ジェイソン・ムーア/エリザベス・バンクス(2作目)/トリッシュ・シー(3作目)
出演:アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウ、アナ・キャンプ、ヘイリー・スタインフェルド

大学の女子アカペラサークルの奮闘を描く人気シリーズ。ベラーズのメンバーは一匹狼のベッカ(アナ)を筆頭に、レズビアンのシンシア、謎に包まれたリリー、何から何まで強烈なファット・エイミーなど、凸凹なメンバーばかり。

大会に向かう道中、マイリー・サイラスの『Party in the U.S.A.』を熱唱する仲直りシーン、めちゃめちゃアガります。思いのほかゲロネタが多いのも高ポイント(※女性がちゃんと吐く映画は信頼できる、という自論)!

ここに感動!

画像2: 女子の友情は複雑、だから尊い…今見たいシスターフッド傑作選12

圧巻のパフォーマンスはどれを観ても最高!3作目のラストステージでは、これまでの彼女たちを見守ってきたファンとして、感慨深いものがあります。ベラーズフォーエバー!

「旅するジーンズと16歳の夏」シリーズ

幼馴染4人組の“魔法”のような友情

画像: 幼馴染4人組の“魔法”のような友情

監督:ケン・クワピス/サナー・ハムリ(2作目)
出演:アンバー・タンブリン、ブレイク・ライヴリー、アレクシス・ブレデル、アメリカ・フェレーラ

16歳の夏、生まれて初めてそれぞれ違う場所で夏休みを過ごす幼馴染4人組と、彼女たちにぴったりフィットする魔法のジーンズを描いた人気YA小説の映画化作。ギリシャやメキシコ、アメリカ郊外など舞台がコロコロ変わるので、ちょっとしたバカンス気分も味わえちゃいます。

続編は19歳、大学に通い始めた彼女たちを描いたもの。4人はプライベートでも仲良しで、いまでも交流があるんだとか。BFF(ベスト・フレンズ・フォーエバー)♡

ここに感動!

誰かがピンチのときはすぐに駆け付ける、それこそがシスターフッド。1作目ではカーメンのパパの結婚式、2作目ではなんとギリシャにまで!仁義ある友情、ぜひ参考にしたい!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.