2020年2月21日、アストンマーティン ジャパンは本国で発表されたばかりのヴァンテージ ロードスターを日本初公開。あわせて、ヴァンテージ クーペの7速MTやパッケージオプション装着車も公開された。

完全自動トップのモデルでは最短の7秒未満で開閉

ヴァンテージは、アストンマーティンとしてはエントリーモデルにあたるスポーツクーペだ。現行型は2017年に発表(発売は2018年)された2シーターで、エンジンはメルセデスAMGから供給されたものをベースにした4.0LのV8ツインターボを搭載している。

画像: オープン化されたことにより、さらにスタイリッシュになった印象。独特のテールランプ形状も生かされている。

オープン化されたことにより、さらにスタイリッシュになった印象。独特のテールランプ形状も生かされている。

今回お披露目されたロードスターは、正式発表は3月のジュネーブ モーターショーなのだが、日本のアストンマーティン ファンのために先駆けて公開されたもの。イギリスのオープンカーらしく、ファブリック製のソフトトップを採用しているが、非常にコンパクトな電動開閉システムによりトップはZ型に折りたたまれる。しかもオープンは6.7秒、クローズは6.8秒で作動でき、車速が50km/h以下なら走行中でも開閉が可能だ。

搭載されるパワーユニットは、クーペと同じ510ps/685Nmを発生する4.0LのV8ツインターボにZF製の8速ATを組み合わせる。ロードスター専用に調整された3段階の走行モード(スポーツ/スポーツ+/トラック)も備え、クローズド状態なら0→100km/h加速は3.8秒、最高速度は306km/hに達する。車重は、同等仕様のクーペから60kgしか増加していない。

画像: 510psと685Nmを発生する4.0LのV8ツインターボは、バンク内側にターボを装着する。

510psと685Nmを発生する4.0LのV8ツインターボは、バンク内側にターボを装着する。

また、ロードスターの導入とともに、アストンマーティンを象徴する「ベーン」グリルをクーペ/ロードスターともオプションで装着できるようになった。ちなみに、従来のヴァンテージ クーペは「ハンター」グリルを装着している。さらに、クーペには7速MT搭載車も設定された。

車両価格(税込)は、ヴァンテージ ロードスターが2159万9000円。ヴァンテージ クーペは7速MTが1913万円、8速ATが2056万9000円。

画像: ロードスターは8速ATのみ。ステアリングにパドルシフトも備わる。

ロードスターは8速ATのみ。ステアリングにパドルシフトも備わる。

2019年、アストンマーティン ジャパンは日本市場でほぼ前年並みの314台を販売。2020年は、待望のSUV「DBX」の導入は第4四半期からだが、4月に公開される「007」の新作映画の効果でDBSの人気上昇も期待でき、前年以上の販売台数を目指したいと、マネージングダイレクターの寺嶋氏は語った。

このアストンマーティン ヴァンテージ ロードスターは、2月22日まで東京ミッドタウン キャノピー・スクエアに展示され、以降は4月中旬まで全国のアストンマーティン ディーラーで展示される。

画像: レーシング エアロキットというオプションを装着したヴァンテージ クーペ。

レーシング エアロキットというオプションを装着したヴァンテージ クーペ。

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 主要諸元

●全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm
●ホイールベース=2704mm
●車両重量=1628kg
●エンジン=V8 DOHC ツインターボ
●排気量=3982cc
●最高出力=510ps/6000rpm
●最大トルク=685Nm/2000−5000rpm
●駆動方式=FR
●トランスミッション=8速AT
●タイヤ=前255/40R20、後295/35R20
●0→100km/h加速=3.8秒
●最高速=306km/h
●税込み価格=2159万9000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.