2サイクル500ccマシンとの混走となった初年度2002年にフルエントリーした4メーカーに加え、全車4サイクルとなった2003年には、ドゥカティ/カワサキ/プロトンKRがフル参戦を開始。2007年の800cc化までの5シーズンを走った990ccモトGPマシン達を紹介。今回はモリワキ・WCM・Team Robertsなどのコンストラクターチーム編をご覧いただこう

モリワキやチームロバーツといったその他のコンストラクターからもMotoGPクラスに続々と参戦した

画像: モリワキやチームロバーツといったその他のコンストラクターからもMotoGPクラスに続々と参戦した

モトGP2シーズン目の開幕戦となった2003年の日本GP。鈴鹿で行われた記念撮影のひとコマである。当初はよく、こうした撮影をした。

さて、初年度はホンダがRC211VとNSR500を走らせたように2サイクル500㏄マシンも混走したが、出場禁止になったわけではないのに全車4サイクルに替わり、わずか1年で完全に4サイクルへの移行が達成された。

WCM(2003)

画像: WCM(2003)

WCMは2003年、ヤマハYZF-R1ベースのエンジンをハリス製フレームに搭載したマシーンで参戦。だがこれは市販車ベースであってはならないとするレギュレーションに反しており、翌年はR1の改造ではなくコピーに近いエンジンに換装したが、いずれにせよ戦力外だった。

Moriwaki MD211VF(2003)

画像: Moriwaki MD211VF(2003)

モリワキMD211VFは、ホンダから供給されたRC211Vのエンジンを、モリワキ製フレームに積んだマシン。2003~05年の3シーズン参戦し、2004年の11位が最上位だった。

Proton KR MX1(2003)

画像: Proton KR MX1(2003)

プロトンKR MX1は、ケニー・ロバーツチームが造ったオリジナルのV型5気筒エンジンを積み、2003年に登場。

Team Roberts KR211V(2006)

画像: Team Roberts KR211V(2006)

チームロバーツKR211Vは、KR MX1とその後のKTM製エンジンに見切りをつけたロバーツが、ホンダRC211Vエンジンを用いて造ったオリジナルマシーンで2006年に出場。

Powered By Bikers Station

「MotoGP伝」関連記事はこちら

2020年1月31日に発売されたMOOK「MotoGP伝1」はアマゾンでも購入できます

日本のバイク遺産 MotoGP伝 1 (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2020-01-31)
売り上げランキング: 11,534
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.