フォトグラファー河野英喜が出会った素敵なモデル・タレントの皆さんを全国的に紹介するのがコンセプト。ここではメイキング動画や、カメラのファインダー内の様子を垣間見ることができるのはもちろん、週替わりの撮影小話も大きなポイントだ。ファインダー内で正確にピントを追う瞳AFの動きやモデルの動きに合わせてフレームをキメる様子を堪能しよう。

YouTube

youtu.be

HM:隅田たくみ

ポーズに困ったらどこか体をあずける場所を探してみよう

ポートレート撮影でポーズに困ったことはありませんか?
本来は「◯◯なイメージや、✖︎✖︎な動きを撮りたい」と撮りたいイメージや絵柄から場所や洋服の選定、動きなどへと考えをめぐらすわけですが、撮影会などでは細かな打ち合わせもできない事からノーアイディアで撮影に臨む場合も多々あると思います。
 そんな時、何もない広い場所で、モデルのポージングだけを頼りに色々なバリエーションを稼ぐのはプロでも難しい撮影です。特に外撮影では立ちカットがメインとなるので、なおさらバリエーションにさまざまな変化をつけるのが難しくなります。
 そんな時は寄り掛かれたり、体を預けられる場所を探してみましょう。
公園で言うならベンチや樹木、遊具などがあると思います。そこにすわったり、寄りかかるだけでも姿勢が変わりファインダー上ではポーズやバリエーションの変化となるでしょう。洋服などが汚れにくい場所でモデルさえ嫌がらなければ、伏せるなどすれば更に大きくポーズを変えることができます。

画像1: Nikon Z 6 + NIKKOR Z 85mm f/1.8 S 1/320 f/2.0 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
1/320 f/2.0 ISO100 WB:5000

画像1: Nikon Z 6 + NIKKOR Z 85mm f/1.8 S 1/500 f/2.0 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
1/500 f/2.0 ISO100 WB:5000

画像2: Nikon Z 6 + NIKKOR Z 85mm f/1.8 S 1/500 f/2.0 ISO100 WB:5000

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
1/500 f/2.0 ISO100 WB:5000

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.