ビギナーからベテランまで楽しませるニーゴーの世界

特集:250 Slow Life

車検がない、道理事情に合っている等々の理由で、昔から人気のカテゴリーである250ccクラス。かつてはエンジンの仕様は単気筒から4気筒までありました。

車体のタイプもスタンダード、スーパースポーツ、アメリカンもオフロードモデルも!
その所以は、250ccという排気量でしか味わうことが出来ない、独特なテイストにもあるのでしょう。

ライダーの年代を問わずお勧め出来る250の魅力を、新旧モデルでお伝えします。

画像1: ビギナーからベテランまで楽しませるニーゴーの世界
画像2: ビギナーからベテランまで楽しませるニーゴーの世界
画像3: ビギナーからベテランまで楽しませるニーゴーの世界

特集:絶版★改 2020

恒例となりました、絶版車カスタム特集のパート2です!

プライベートカスタムでは斬新なアイディアに驚き。そしてプロの技術に感心。写真の車両、もともとはZ1じゃないんです。現代のバイクで実現!

画像4: ビギナーからベテランまで楽しませるニーゴーの世界

市川 仁が絶版車を斬る YAMAHA TRX850

国内外のあらゆる絶版車を、国際A級ライダー市川 仁がサーキットにてインプレッション。1990年代、日本のメーカーは次々と大型2気筒スポーツモデルをデビューさせました。

元々は外国モデルに多かったこのカテゴリーですが、日本車も「負けじ」と個性を発揮。TRX 850は直列のツイン。

そしてクランクの位相に独特な設定を施しています。鈴鹿8時間耐久ロードレースでも活躍しました。その実力と魅力はいかに?

画像: 市川 仁が絶版車を斬る  YAMAHA TRX850

マニアックバイクコレクション

毎回ウイットに富んだ語り口で数々ある名車(迷車?)のツボを紹介する名物コーナー。今回は「250はしなかった、あえてそんな。200cc」カタログです。

なんで250じゃなくて200なの? わずか50cc。そこにはとても大きな違いがあるのです。今から探すのも遅くない!

画像1: マニアックバイクコレクション
画像2: マニアックバイクコレクション
画像3: マニアックバイクコレクション
画像4: マニアックバイクコレクション

MAD MAX LOVE,DEEP MAX!

画像1: MAD MAX LOVE,DEEP MAX!

昨年11月に日本で行われた「マッドマックス・コンベンション2019」。映画MAD MAXシリーズを愛して止まないファン達がキャストを迎えて行われたこのイベントは、過去最大の規模となりました。

今回は遂に「あの人達」に「あのシーン」他について直撃インタビュー。今明かされる撮影秘話は必読です!

画像2: MAD MAX LOVE,DEEP MAX!

「雨は これから」東本昌平 第52話「傘売りおじさん」

1人で走る。それは己との会話なのかもしれない。

ふと見かけたとあるライダー。速さも呼吸も違う。「貴方はなぜ走っているのか?」

画像: 「雨は これから」東本昌平 第52話「傘売りおじさん」

ミスター・バイクBG 2020年3月号

画像: ミスター・バイクBG 2020年3月号

ミスター・バイクBGの定期購読申込みはコチラから!

WEB Mr.BIKE 公式サイト

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.