キヤノンのフルサイズミラーレスカメラ用RFレンズに、小型軽量の標準ズームがラインナップされる。これまでRFレンズシリーズは超高性能・高価格・重量級の「L」レンズがほとんどだった。他の選択肢は24-240mm高倍率、35㎜ F1.8単焦点だけで、「EOS RP」のような中級機に似合う手頃な標準ズームがこれまで無かったが、これでようやくキヤノンのフルサイズミラーレスカメラのシステムが身近になってきた。価格はオープンで、参考価格は税別6万円前後。2020年4月発売予定。

特徴

◎携帯しやすい小型軽量サイズ

◎24-105mmと、使いやすい焦点距離

◎最大撮影倍率0.4倍(105mm、0.34m時)

◎マニュアルフォーカスでレンズ先端から約2cmまで近寄れる「センターフォーカスマクロ」機能

◎CIPA基準5段分の、光学手ブレ補正機構を内蔵

◎動画撮影に最適な、静音性に優れたリードスクリュータイプのSTMを採用

◎軽量で信頼性に優れる金属マウント採用

画像: Canon RF24-105mm F4-7.1 IS STM

Canon RF24-105mm F4-7.1 IS STM

画像: Canon EOS RP装着イメージ

Canon EOS RP装着イメージ

画像: レンズ構成は11群13枚で、後群に非球面レンズを1枚使用

レンズ構成は11群13枚で、後群に非球面レンズを1枚使用

キヤノン RF24-105mm F4-7.1 IS STM

焦点距離:24-105mm
開放F値:F4-7.1
最短撮影距離:AF時=0.2~0.34m MF時=0.13~0.34m
最大撮影倍率:AF時=0.4倍(105mm) MF時=0.5倍(24mm)
レンズ構成:11群13枚(非球面レンズ1枚)
フィルター径:φ67mm
絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)
手ブレ補正:5段(焦点距離105mm、EOS R使用時、CIPA基準)
フォーカス駆動方式:STM+リードスクリュー
最大径:約φ76.6mm
全長:約88.8mm
重量:395g
別売アクセサリ:フード(EW-73D)、レンズポーチ(LP1116)

価格:オープン 参考価格:6万円前後(税別)

発売予定:2020年4月

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.