ヴァイテックイメージングから、マンフロットの新しいカメラバッグのシリーズが登場する。その名は「Chicago(シカゴ)」。機能、質感、快適性など全てにこだわったマンフロットのバッグの最新コレクションで、アーバン志向のテイストのバッグだ。

この製品について

このシリーズは、「いいものを長く使いたい」という、こだわりの深い層に向けて作られた。表面は異なるテイストの生地を組み合わせ、ロゴやファスナーの引き手などのパーツにはシルバー色を配するなどし、シャープで都会的な印象のデザインに仕上げている。

サイズは2種類で、レンズ3~4本+15インチノートPCが入る「50」と、レンズ2~3本+14インチノートPCが入る少し小さい「30」。価格はそれぞれ3万7500円(税別)と3万1600円で、2月20日(木)から発売される。

Chicago バックパック 50(MB CH-BP-50)

画像: Chicago バックパック 50 収納例:レンズ付きミラーレスカメラ1台+交換用レンズ3~4本+ジンバル+15インチノートPC+パーソナルアイテム

Chicago バックパック 50 収納例:レンズ付きミラーレスカメラ1台+交換用レンズ3~4本+ジンバル+15インチノートPC+パーソナルアイテム

・外寸:高さ49×幅35×奥行20cm
・内寸:高さ44×幅31×奥行17cm
・カメラ収納インサート内寸:高さ21×幅30×奥行11cm
・パーソナルアイテム収納スペース内寸(バッグ上部):高さ11×幅31×奥行18cm
・PC収納スペース:高さ41×幅30×奥行2cm
・重さ:2.0kg
・撥水加工
・付属品:アクセサリーポーチ、レインカバー、カメラ収納インサート用ショルダーストラップ

・価格:3万7500円(税別)
・発売日:2020年2月20日(木)

Chicago バックパック30(MB CH-BP-30)

画像: Chicago バックパック 30 収納例:レンズ付きミラーレスカメラ1台+交換用レンズ2~3本+ジンバル+14インチノートPC+パーソナルアイテム

Chicago バックパック 30 収納例:レンズ付きミラーレスカメラ1台+交換用レンズ2~3本+ジンバル+14インチノートPC+パーソナルアイテム

・外寸:高さ44×幅33×奥行19cm
・内寸:高さ39×幅26×奥行13cm
・カメラ収納インサート内寸:高さ21×幅25×奥行10cm
・パーソナルアイテム収納スペース内寸(バッグ上部):高さ9×幅26×奥行13cm
・PC収納スペース:高さ37×幅26×奥行2cm
・重さ:1.6kg
・撥水加工
・付属品:レインカバー、カメラ収納インサート用ショルダーストラップ

・価格:3万7500円(税別)
・発売日:2020年2月20日(木)

各部の特徴

画像: バッグ上部と両サイドの3方向からアクセスが可能。

バッグ上部と両サイドの3方向からアクセスが可能。

画像: カメラ収納インサートに付属のストラップを取り付ければ、ショルダーバッグとしても使用が可能。中央の写真のアクセサリーポーチ(小物入れ)は、「50」にのみ付属。

カメラ収納インサートに付属のストラップを取り付ければ、ショルダーバッグとしても使用が可能。中央の写真のアクセサリーポーチ(小物入れ)は、「50」にのみ付属。

画像: バッグ前面に縫い込まれた三脚ホルダーとストラップを使えば、様々なバリエーションで三脚の取り付けが可能。

バッグ前面に縫い込まれた三脚ホルダーとストラップを使えば、様々なバリエーションで三脚の取り付けが可能。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.