1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

スズキ GSR250S 2013 年12月

画像: ●水冷4ストOHC4バルブ並列2気筒●248cc●24PS/8500rpm●2.2kg-m/6500rpm●188kg●110/80-17・140/70-17●47万8800円

●水冷4ストOHC4バルブ並列2気筒●248cc●24PS/8500rpm●2.2kg-m/6500rpm●188kg●110/80-17・140/70-17●47万8800円

クラスを越えた存在感と快適さ、優れたコストパフォーマンスで人気のGSR250に、大型スクリーン付カウルを装着し快適性を向上させたモデル。ハンドルもグリップ位置を高くしたものに変更。

カワサキ Z1000/ABS 2014 年

画像: ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●1043cc●137PS/9800rpm●11.1kg-m/7300rpm●220kg(221kg)●120/70ZR17・190/50ZR17●輸出車※()はABS

●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●1043cc●137PS/9800rpm●11.1kg-m/7300rpm●220kg(221kg)●120/70ZR17・190/50ZR17●輸出車※()はABS

LEDヘッドライトを活かして低い位置にマウントされたフロントマスクから燃料タンクへ続くラインが個性的な新型Z1000。SFF-BPフロントサスやラジアルマウントキャリパーの採用、強烈なパンチ力を感じさせるようにリファインされたエンジンなど、スタイルに負けないように、走りにも磨きがかけられた。

ヤマハ マジェスティS 2013 年10月

画像: ●水冷4ストOHC4バルブ単気筒●155cc●15PS/7500rpm●1.4kg-m/6000rpm●145kg●120/70-13・130/70-13●34万200円

●水冷4ストOHC4バルブ単気筒●155cc●15PS/7500rpm●1.4kg-m/6000rpm●145kg●120/70-13・130/70-13●34万200円

マジェスティシリーズに加わった軽二輪スクーター。コンパクトなボディに、新開発の水冷155ccエンジンを搭載。軽快な走りに加え高い実用性も魅力。

カワサキ バルカン900クラシック 2013 年10月

画像: ●水冷4ストOHC4バルブV型2気筒●902cc●41PS/7500rpm●6.6kg-m/3000rpm●282kg●130/90-16・180/70-15●86万9400円

●水冷4ストOHC4バルブV型2気筒●902cc●41PS/7500rpm●6.6kg-m/3000rpm●282kg●130/90-16・180/70-15●86万9400円

重厚なスタイルと力強い水冷Vツインエンジンが魅力のバルカン900クラシック、2014年モデルはカラーリングの変更のみで諸元などはそのまま。

スズキ スカイウェイブ650LX 2013 年10月

画像: ●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●638cc●50PS/7000rpm●6.1kg-m/5000rpm●277kg●120/70R15・160/60R14●111万3000円

●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●638cc●50PS/7000rpm●6.1kg-m/5000rpm●277kg●120/70R15・160/60R14●111万3000円

スカイウェイブのフラッグシップ、650LXがマイナーチェンジ。フロントに装着されたSマークの変更のみで、カラーリングや諸元は変わらない。

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

画像: スズキ スカイウェイブ650LX 2013 年10月

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る

画像: www.autoby.jp
www.autoby.jp

最新版【ニッポンのバイク112年歴史】オートバイ「2020年2月号」はこちら!

オートバイ 2020年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2019-12-27)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.