ホンダの新型「レブル250」シリーズが3月19日から販売開始される。この2020年モデルからは「Sエディション」も登場!

LED採用でよりいっそう洗練されたスタイリング

画像1: LED採用でよりいっそう洗練されたスタイリング

軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載。男女問わず人気の高い国産唯一の現行250クルーザーモデル、レブル250が初のモデルチェンジ。2020年3月19日(木)に発売する。

ヘッドライト、ウインカー、テールランプに全て高輝度で省電力なLEDを新採用し、前後サスペンションは仕様変更で従来モデルと比べてより扱いやすく、乗り心地も向上。さらに、アシストスリッパークラッチや新形状のクラッチレバーを採用するなど、細部に渡りレベルアップを図っている。

画像2: LED採用でよりいっそう洗練されたスタイリング

そして、2020年モデルから新たにヘッドカウルや、フォークブーツやフォークカバー、さらにブラウンのカラーシートを標準装備した『レブル250 Sエディション』をラインアップに追加。カスタマイズ好きな人にピッタリの一台が登場だ。

画像: Honda Rebel 250 発売日:2020年3月19日/税込価格:59万9500円 マットジーンズブルーメタリック

Honda Rebel 250
発売日:2020年3月19日/税込価格:59万9500円

マットジーンズブルーメタリック
画像: Honda Rebel 250 S Edition 発売日:2020年3月19日/税込価格:63万8000円 マットアクシスグレーメタリック

Honda Rebel 250 S Edition
発売日:2020年3月19日/税込価格:63万8000円
マットアクシスグレーメタリック

画像: Honda Rebel 250 マットアーマードシルバーメタリック(従来色)

Honda Rebel 250 
マットアーマードシルバーメタリック(従来色)

画像: Honda Rebel 250 マットフレスコブラウン(従来色)

Honda Rebel 250 
マットフレスコブラウン(従来色)

ディテール解説

画像: 高輝度LEDを採用したテールランプは、従来モデルよりも少し低い位置にマウントされ、ウインカーと同じ高さになった。コンパクトな印象だ。

高輝度LEDを採用したテールランプは、従来モデルよりも少し低い位置にマウントされ、ウインカーと同じ高さになった。コンパクトな印象だ。

画像: メーター内にはギアポジションを表示するインジケーターを追加すると共に、ウインカーインジケーターは左右独立点滅になった。

メーター内にはギアポジションを表示するインジケーターを追加すると共に、ウインカーインジケーターは左右独立点滅になった。

画像: ヘッドライトは丸型ヘッドライトカバーの中に4つの高輝度LEDが並ぶ。ロービームで上2つが、ハイビームで4つ全てが点灯する。

ヘッドライトは丸型ヘッドライトカバーの中に4つの高輝度LEDが並ぶ。ロービームで上2つが、ハイビームで4つ全てが点灯する。

画像: 高輝度&省電力なLED4灯!

高輝度&省電力なLED4灯!

画像: 純正アクセサリーのヘッドライトカウルが標準装備されるSエディション。この他、フォークブーツ、カラーシートが標準装備となる。

純正アクセサリーのヘッドライトカウルが標準装備されるSエディション。この他、フォークブーツ、カラーシートが標準装備となる。

ホンダ「レブル250」主なスペック

SPECIFICATION
※( )内はS Edition
[全長×全幅×全高]2205×820×1090㎜
[ホイールベース]1490㎜
[シート高]690㎜
[車両重量]170㎏(171㎏)
[エンジン形式]水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
[総排気量]249㏄
[ボア×ストローク]76.0x55.0㎜
[圧縮比]10.7 : 1
[最高出力]26PS/9500rpm
[最大トルク]2.2㎏-m/7750rpm
[燃料供給方式]PGM-FI
[燃料タンク容量]11L
[キャスター角/トレール量]28°00’/110㎜
[変速機形式]6速リターン
[ブレーキ形式 前・後]ディスク・ディスク
[タイヤサイズ 前・後]130/90-16・150/80-16

新型「レブル500」も国内での販売が決定!

レブル250との比較画像も掲載しています。

ホンダ「レブル250」のインプレはこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.