中国ドラマがいま熱い人気を呼んでいます。聞いたことはあるけれど....という人に、本格的ブーム到来にふさわしく、話題作いっぱいの各社の最旬ラインアップを徹底紹介!前編・中編・後編の三部に渡ってお届けします。今回は後編です。(文・望月美寿、新田理恵/デジタル編集・スクリーン編集部)

将夜 戦乱の帝国

闇を打ち破る英雄を描く雄大なファンタジー×アクション

画像: 闇を打ち破る英雄を描く雄大なファンタジー×アクション

千年に一度訪れ、地上を漆黒の闇に変えると言われている〝永夜〞。これを阻止しようとする者たちの闘いと、そこに現れた英雄の誕生を描くファンタジー×アクションドラマ。人気ネット作家マオニーの小説が原作だ。

第1話の冒頭から分に及ぶ激しいアクションシーンをぶつけてくるあたりに、作り手の並々ならぬ気合いを感じる。中国のファンタジードラマは世界観が壮大で登場人物も多く、ストーリーもなかなかに複雑なのだが、気づけばハマってしまう魅惑のジャンル。怒涛のアクションに引き込まれて見進めていくうちに構造が見えてくる。

\キャラクター紹介/

戦闘能力の高さに自信あり
寧缼(ねいけつ):チェン・フェイユー

画像: 戦闘能力の高さに自信あり 寧缼(ねいけつ):チェン・フェイユー

修行を積むため都の最高学府「書院」への入学を目指す。

若君のお世話なら任せて
桑桑(そうそう):ソン・イーレン

画像: 若君のお世話なら任せて 桑桑(そうそう):ソン・イーレン

寧缼の身の回りの世話をしながら、共に生きてきた少女。

真の悪か?唐国の大将軍
夏侯(かこう):フー・ジュン

画像: 真の悪か?唐国の大将軍 夏侯(かこう):フー・ジュン

もとは魔宗出身で、皇后の兄。寧缼とは因縁がありそう。

見どころ01:
新人×大スター、豪華すぎる俳優陣

画像: 見どころ01: 新人×大スター、豪華すぎる俳優陣

主人公・寧缼に扮するのはドラマ初出演で主演に抜擢されたチェン・フェイユー。中国映画界の巨匠チェン・カイコ―監督の次男だが、“親の七光り”という揶揄を跳ね返す堂々たる存在感。さらに香港四天王の一人レオン・ライなど、中華圏の大スターや名優が脇を固める。

見どころ02:
CGに頼らないリアルな映像の美しさ

画像: 見どころ02: CGに頼らないリアルな映像の美しさ

製作費80億円、雄大な自然が広がる新疆ウイグル自治区などで6か月かけてロケした迫力の映像は、広大な中国ならでは。都の宮殿の撮影に使われた湖北省にあるセット「襄陽唐城」はもともと映画「空海」のためにチェン・カイコ―監督が建てたもので、親子の不思議な縁を感じる。

将夜 戦乱の帝国
レンタル:Vol.1~5 レンタル中(Vol.6~30 毎月順次リリース)
※セル版はアマゾン・ディスク・オン・デマンドにて毎月順次リリース

© JETSEN HUASHI MEDIA CO., LIMITED

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.