1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ホンダ グロム2013 年6 月

画像: ●空冷4スト単気筒OHC2バルブ●124cc●9.8PS/7000rpm●1.1kg-m/5250rpm●102kg●120/70-12・130/70-12●30万9750円

●空冷4スト単気筒OHC2バルブ●124cc●9.8PS/7000rpm●1.1kg-m/5250rpm●102kg●120/70-12・130/70-12●30万9750円

グルーバルモデルとして開発された125ccミニスポーツ。個性的なスタイルの車体に、Wave125系の信頼性の高い空冷単気筒エンジンを搭載する。

ヤマハ ボルト/R スペック2013 年12 月

画像: ●空冷4ストV型2気筒OHC4バルブ●941cc●52PS/5500rpm●8.2kg-m/3000rpm●247kg/251kg(ABS)●100/90-19・150/80B16●87万4650円〜96万8100円

●空冷4ストV型2気筒OHC4バルブ●941cc●52PS/5500rpm●8.2kg-m/3000rpm●247kg/251kg(ABS)●100/90-19・150/80B16●87万4650円〜96万8100円

シンプルでワイルドなボバースタイルと、軽快な走りを両立させた新世代ミドルクルーザー。Rはリザーバータンク付きリアサスなどを装備した上級モデル。

ホンダ 400X/ABS 2013 年 6月

画像: ●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●399cc●46PS/9500rpm●3.8kg-m/7500rpm●192kg/194kg(ABS)●120/70ZR17・160/60ZR17●67万9350円/72万8700円(ABS)

●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●399cc●46PS/9500rpm●3.8kg-m/7500rpm●192kg/194kg(ABS)●120/70ZR17・160/60ZR17●67万9350円/72万8700円(ABS)

ニューファンダメンタルシリーズとして2013年にデビューしたCBR400R、CB400Fとエンジンとフレームなどを共用する、シリーズのアドベンチャーツアラー版。CB/CBRよりも大容量な燃料タンクも備えている。

ホンダ CBR125R 2013 年 6月

画像: ●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●124cc●13PS/10000rpm●1.0kg-m/8000rpm●136kg●100/80-17・130/70-17●39万9000円

●水冷4ストOHC2バルブ単気筒●124cc●13PS/10000rpm●1.0kg-m/8000rpm●136kg●100/80-17・130/70-17●39万9000円

CBRの原付2種バージョンが国内初導入。CBR250R譲りの本格的なスタイルと車体、パワフルな水冷エンジンでスポーティな走りを楽しめる。

ヤマハ TMAX530 2013 年 6月

画像: ●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●530cc●48PS/6750rpm●5.4kg-m/5250rpm●217kg/221kg(ABS)●120/70R15・160/60R15●96万6600円〜105万円

●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●530cc●48PS/6750rpm●5.4kg-m/5250rpm●217kg/221kg(ABS)●120/70R15・160/60R15●96万6600円〜105万円

国内仕様のTMAXもエンジンや車体を改良した新型のTMAX530に移行。上質な雰囲気を醸し出す特別仕様として「BLACKMAX」も用意されている。

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

画像: ヤマハ TMAX530 2013 年 6月

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る

画像: www.autoby.jp
www.autoby.jp

最新版【ニッポンのバイク112年歴史】オートバイ「2020年2月号」はこちら!

オートバイ 2020年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2019-12-27)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.