2020年1月28日に日本初公開されたBMW Mのフラッグシップモデル、「M8グランクーペ」。そのディテールを発表会場での写真で紹介しよう。

目指すは、スポーティ&ラグジュアリーの頂点か

BMW クーペシリーズの最上級モデルが、8シリーズ グランクーペだ。最近、ヨーロッパのプレミアムブランドは、美しいスタイルと後席の居住性も兼ね備えた4ドアクーペをラインアップする傾向にある。そんな8シリーズ グランクーペにBMW M社のレーシングテクノロジーを駆使した「M8グランクーペ」が加わった。

エクステリアでは、フロントスカート左右の大きなエアインテーク、ワイド化されたリアフェンダー、トランクリッド上のカーボン製リップスポイラーなどがそのパフォーマンスを静かに物語る。インテリアでは、M8の刺繍入りスポーツシートや専用ステアリングが目をひく。

そしてパワーユニットはBMW M社の最先端技術を採用した4.4LのV8ツインターボ。8速トルコンATと組み合わされ、インテリジェント4WDシステムのBMW M xドライブにより4輪を駆動する。運転支援機能も充実している。

ここで紹介するM8グランクーペ コンペティションは、よりアグレッシブなスポーツ走行に対応できるよう、エンジンも625psにパワーアップされ、内外装も差別化が図られたモデルだ

BMW M8 グランクーペ コンペティション 主要諸元

●全長×全幅×全高:5105×1945×1420mm
●ホイールベース:3025mm
●重量:2000kg
●エンジン種類:V8 DOHCツインターボ
●排気量:4394cc
●最高出力:460kW<625ps>/6000rpm
●最大トルク:750Nm<76.5kgm>/1800-5600rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●タイヤサイズ:前275/35ZR20、後285/35ZR20
●税込価格:2397万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.