2020年1月31日、首都高速道路株式会社は2020年2月の渋滞予想カレンダーを発表した。(写真はイメージです)

金曜日にかけては渋滞が多くなる?

首都高速道路株式会社の統計によると、2月は1年の中で渋滞の頻度は平均的な月となっている。発表された渋滞予想カレンダーでは、下に表示したようになっている。

画像: 金曜日にかけては渋滞が多くなる?

ただし、首都高では1年間を通して月曜日から金曜日にかけて渋滞がしだいに多くなる傾向にあり、渋滞が平均的な2月でも、金曜日にかけて渋滞が多くなると予想されている。また、渋滞が少ないとされる日においても、通行止めや車線規制の影響により、規制箇所を中心に渋滞が予想される。

また、渋滞等の影響により迂回が推奨される通行止め・車線規制工事の実施予定は、以下のようになっている。

●2月2日(日)5時~翌5時:湾岸線(西行き)横浜ベイブリッジ・鶴見つばさ橋付近 24時間2車線規制工事
●2月8日(土)6時~翌6時:3号渋谷線(下り)大橋付近 24時間工事
●2月16日(日)5時~翌5時:湾岸線(西行き)横浜ベイブリッジ・鶴見つばさ橋付近 24時間2車線規制工事
●2月22日(土)6時~翌6時:3号渋谷線(下り)大橋付近 24時間工事
※荒天等により、実施日は延期になることがある。

首都高を利用する際は、最新の交通情報や、首都高ドライバーズサイトの情報を参考にして、時間に余裕を持って利用するといいだろう。

画像: 写真はイメージです。

写真はイメージです。

また、2月は降雪のため首都高が通行止めになることがある。出かける前には気象情報を確認して、雪が降りそうだったらクルマの利用はなるべく控えたほうがいい。「雪でも、クルマでどうしても外出しなければ行けない用事がある!」という人は、まず冬用タイヤ(スタッドレスタイヤか、スノータイヤでサイドウオールにSNOWの文字があるもの)に履き替えて、念のためチェーンも携行しておきたい。

首都高では冬季期間(12月〜3月)の降雪時等に、通行車両の安全確保と事故防止のため、各入口で滑り止め装置の装着確認(タイヤチェック)を行うことがあるので、注意したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.