自らを「神社巡拝家®」と名乗り、これまで訪れた神社は10000社以上! 日本一、神社と旅を愛するバイク乗り「佐々木優太」の神社拝走記。今回はお金を洗うと金運が上がると言われる神社が佇む鎌倉エリア。有名観光地に点在する、知られざるディープスポットを巡る旅へ!
※この記事は月刊オートバイ2018年11月号(別冊付録 RIDE)で掲載したものを加筆修正しております。

古都・鎌倉の神社巡り。まずは「御霊神社」と「佐助稲荷神社」へ

全国の観光地や大きな駅の近くには、必ずと言っていいほど有名神社があります。なかには、その地域の代名詞になっているような大きな神社も存在しますね。

神社のことには詳しくない人も、なぜだか名前だけは知っている。そんな大きくて有名な神社って、意外に多くあると思いませんか?

でも神様のご利益って、神社の大きさに比例するのでしょうか。いやいや、そんな事はないはず!

画像: 古都・鎌倉の神社巡り。まずは「御霊神社」と「佐助稲荷神社」へ

今回の神社拝走記で訪れたのは、古都鎌倉。鎌倉にある神社と言えば「鶴岡八幡宮」と、言っても過言ではありません。

鎌倉幕府を開いた源氏と、とても縁の深い神社です。鎌倉を紹介するありとあらゆるものに、必ずと言っていいほど登場します。

この日も、鎌倉駅から鶴岡八幡宮にかけて、多くの観光客で溢れていました。

画像: 至るところで歴史を感じる街、鎌倉。神社から離れた駅の近くにも、鎌倉八幡宮の鳥居が建っています。

至るところで歴史を感じる街、鎌倉。神社から離れた駅の近くにも、鎌倉八幡宮の鳥居が建っています。

画像: 神社拝走記で江ノ島へ行ったのは、昨年。とても暑い夏の日でした。当時は純正のバーハンドルだったSR。あれから1年かぁ… っと、エンジンを止めて眺めていました。

神社拝走記で江ノ島へ行ったのは、昨年。とても暑い夏の日でした。当時は純正のバーハンドルだったSR。あれから1年かぁ… っと、エンジンを止めて眺めていました。

しかし、鎌倉にある神社は鶴岡八幡宮だけではありません。幕府が置かれた土地だけあって、数多くの社寺が存在しています。

坂やトンネルが多い鎌倉。そんな地形の中、江ノ電は家や店を縫うように走っています。家や店だけではなく、なんと神社の参道も走り抜けていくんですよ。それが御霊神社です。

画像: 御霊神社 神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9 祀られているのは鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)という神様で、まさにここ鎌倉に由縁のある神社。参道には踏切があり、江ノ電が通過する時は、鳥居の近くを電車が走るという珍しい光景が見られます。

御霊神社

神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9

祀られているのは鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)という神様で、まさにここ鎌倉に由縁のある神社。参道には踏切があり、江ノ電が通過する時は、鳥居の近くを電車が走るという珍しい光景が見られます。

通称、鎌倉権五郎神社。こちらの神社の参道には、踏切があります。鳥居の前に遮断機が降り、緑色の車輌が通過して行く光景。

この神社が建った時代の人たちは、想像も出来ないでしょう。現代と昔とが交錯する神社です。

画像: 歴史的なもの一色と、勝手に思い込んでいました。鎌倉は今も昔も、新しいものが生まれる街なんですね。

歴史的なもの一色と、勝手に思い込んでいました。鎌倉は今も昔も、新しいものが生まれる街なんですね。

次に向かったのは、佐助稲荷神社。ここが観光地鎌倉か? と、疑ってしまうくらい静かな場所に鎮座しています。

そこには、山の上に向かって建ち並ぶ無数の鳥居が見えます。無数の鳥居をくぐり、参拝。深い緑と鳥居の朱色が、心を落ち着かせてくれました。

画像: 佐助稲荷神社 神奈川県鎌倉市佐助2-22-12

佐助稲荷神社

神奈川県鎌倉市佐助2-22-12

画像: 鳥居とともに多くあったのは、奉納された旗。無数に重なるその様子は神秘的。

鳥居とともに多くあったのは、奉納された旗。無数に重なるその様子は神秘的。

画像: 境内には無数のキツネが。その数は、鳥居や旗とも負けず劣らず。圧巻でした。

境内には無数のキツネが。その数は、鳥居や旗とも負けず劣らず。圧巻でした。

画像: 観光客で賑わう鎌倉駅から、約1.5㎞のところ。さっきまでの人混みが嘘のように、静まり返った場所に着きました。突如現れるのは、山へと続く無数の鳥居。それをくぐり歩いていくと、深い緑の中へ。観光地にある神社に居るとは思えない空間です。

観光客で賑わう鎌倉駅から、約1.5㎞のところ。さっきまでの人混みが嘘のように、静まり返った場所に着きました。突如現れるのは、山へと続く無数の鳥居。それをくぐり歩いていくと、深い緑の中へ。観光地にある神社に居るとは思えない空間です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.