現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

月刊『オートバイ』3月号が、2月1日(土)に全国の書店およびオンライン書店で発売します。

画像1: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!
画像2: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

今月は、Ninja ZX-25Rの誕生で再燃している250ccスポーツを徹底的に大特集!

画像3: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

かつての4気筒モデルと、現在のNinja250やCBR250RRなどを比較試乗しました!

画像: Ninja250 VS ZXR250

Ninja250 VS ZXR250

画像: CBR250RR(2019)VS CBR250RR(1990)

CBR250RR(2019)VS CBR250RR(1990)

また、250cc・4気筒モデルのアーカイブスも。80~90年代のバイクシーンを知る方にはもちろん、バイク好きなら、だれもが楽しめる内容になっております。

画像4: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

さらにスクープも250ccです! 何とヤマハ「トレーサー250」が!?
詳細はぜひ月刊オートバイ3月号でご確認ください。

画像5: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

各社のモーターサイクルショー戦線もスタートしております。ホンダが早々に新型車を大量発表しました。

昨年秋の東京モーターショーから大注目されているCT125ハンターカブ情報もオプションパーツを含め、てんこ盛りです。

画像6: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

試乗インプレでは、2020年1月15日に発売されたばかりのヤマハ「セロー250ファイナルエディション」を太田安治氏が分かりやすく解説。

三橋淳氏は、逆輸入車のホンダ「CRF450L」の乗り味を解説。日本の正規ラインナップから落ちてしまいましたが、この逆輸入車はフルパワーとなっております!

最新のモータースポーツ情報をお伝えする「レーシングオートバイ」では、MotoGPのマルク・マルケス選手が2019年シーズンに駆ったホンダ「RC213V」を徹底紹介。詳しさ抜群です。

画像7: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

好評連載「辻キャン」こと、辻本聡氏のキャンプツーリング企画は真冬でも行なっております! 冬キャンの醍醐味をぜひお楽しみください。

さらにアライヘルメットの新井理夫代表へのインタビュー記事も、読み応えのある内容となっています。

もちろんオートバイ女子部も大活躍。みんなヒザが擦れるようになり、着々と成長しています!

画像8: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!
画像9: 現行の250cc2気筒と、かつての250cc4気筒の対決に注目!

別冊付録「RIDE」はNinja1000大特集!

画像1: 別冊付録「RIDE」はNinja1000大特集!
画像2: 別冊付録「RIDE」はNinja1000大特集!

表紙もかっこいいですが、巻頭漫画作品もヒジョーにグッとくる内容です。東本昌平先生ならではの世界観をご堪能いただけます!

続く特集は、漫画に登場したNinja1000のインプレ&解説。今回、かなり深掘りしています。特にNinja1000オーナーさんには、全員に読んでいただきたい!

画像3: 別冊付録「RIDE」はNinja1000大特集!
画像4: 別冊付録「RIDE」はNinja1000大特集!

Ninjaの特集の後はJinja(神社)です。神社巡拝家・佐々木ユータ氏は果敢に雪道にアタック!? トラブルあり、ドラマありのリアルツーリングレポートとなっています。

画像5: 別冊付録「RIDE」はNinja1000大特集!

そんなこんなで、3月号も盛りだくさんのコンテンツを揃えました。1カ月間存分にお楽しみいただけると思います。ぜひお近くの書店でチェックしてみてくださいね!

価格は特別定価1100円(本体1000円)。2月1日(土)発売開始です!

Amazonでもお買い求めいただけます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.