排気量アップ&新フレーム、全5モデルをラインナップ

画像: 排気量アップ&新フレーム、全5モデルをラインナップ

個性的なスタイルと独特な並列3気筒エンジンが魅力のミドルアドベンチャーツアラーとして、2010年の登場以来親しまれてきたトライアンフ・タイガー800だが、2020年モデルでついにフルモデルチェンジ。タイガー900へと生まれ変わることが2019年の12月に発表された。

タイガー800はデビューからフレームやエンジンが基本的に受け継がれてきた。しかしタイガー900では、エンジン排気量を888㏄にまでアップして力強さを増すと同時に最新排ガス規制のユーロ5もクリア。

フレームも新設計で、スタイリングもアグレッシブさをプラス。IMUを活かした最新のABSやトラクションコントロールも備えるなど機能面も進化した。

スタンダードなタイガー900の他に、オフロード重視のラリー、ツーリング重視のGTの合計3タイプが用意され、GTとラリーには上級版のプロも設定されている。

画像: TIGER900 GT PRO ツーリング向けのGTはグリップヒーターやクルーズコントロールを標準装備。プロはさらに装備を充実させ、ライディングモードも変更。

TIGER900 GT PRO
ツーリング向けのGTはグリップヒーターやクルーズコントロールを標準装備。プロはさらに装備を充実させ、ライディングモードも変更。

画像: TIGER900 RALLY PRO ラリーはサスもタイヤもオフロード重視。フロントタイヤ径は21インチ。プロはクイックシフターや、シートヒーター、エンジンガードやフォグランプまで装備する。

TIGER900 RALLY PRO

ラリーはサスもタイヤもオフロード重視。フロントタイヤ径は21インチ。プロはクイックシフターや、シートヒーター、エンジンガードやフォグランプまで装備する。
画像: 排気量888㏄の水冷並列3気筒エンジン。全域のパワーアップに加えトルクも800より10%向上。点火順序の変更でフィーリングも改善。

排気量888㏄の水冷並列3気筒エンジン。全域のパワーアップに加えトルクも800より10%向上。点火順序の変更でフィーリングも改善。

画像: 快適なライディングと多彩な機能の活用には欠かせない、クラス最高の7インチTFT液晶メーターはラリーとGTだけに装備される。

快適なライディングと多彩な機能の活用には欠かせない、クラス最高の7インチTFT液晶メーターはラリーとGTだけに装備される。

まとめ:月刊オートバイ編集部

タイガー900の走行映像 33秒

画像: THE NEW TIGER 900 RANGE www.youtube.com

THE NEW TIGER 900 RANGE

www.youtube.com

トライアンフ TIGER900 GT PROの主なスペック

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量:888㏄
最高出力:95.2PS/8750rpm
最大トルク:8.9㎏-m/7250rpm
シート高:810-830㎜
車両重量:198㎏
燃料タンク容量:20L
タイヤサイズ:100/90-19・150/70R17 

2020年にトライアンフは新型車を続々投入!

2019年に一番売れたトライアンフのバイクは何?

月刊オートバイ2月号では最新アドベンチャーモデルを詳解!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.