富士フイルムは小型軽量のミラーレス一眼のエントリーモデル、FUJIFILM X-T200を発売する。発売日は2020年2月27日。ボディカラーはシルバー/ダークシルバー/シャンパンゴールドの3色を用意。価格はオープンでレンズキットが9万4500円(XC15-45mm3.5-5.6 OIS PZ付・税別)、ダブルレンズキットが11万9500円(XC15-45mm3.5-5.6 OIS PZ & XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II付・税別)。

このX-T200は従来機のX-T100よりも約80gも軽量化されたコンパクトなセンターファインダースタイルのエントリー機。センサーは有効2424万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載する。アスペクト比16:9の276万ドット3.5型液晶モニターを装備し、X-T100比の2倍となる最高輝度1000カンデラの明るいモニターで、高い視認性を実現。晴天時の屋外でも被写体をはっきりと確認することができるという。またバリアングル構造を採用したモニターで自在なアングルに調整できる。また、さまざまなフィルター効果を加えることができるアドバンストフィルターに「クリアフィルター」が新たに追加された。
動画はクロップせず6K相当のデータから4K動画を生成し、HDR動画ではダイナミックレンジが広い動画を撮影することができる。さらにフジフイルムデジタルカメラとして初めて「電子ジンバル」を搭載し、カメラ本体に内蔵されたジャイロセンサーで動きを検出し、動画撮影時に生じる映像のブレを抑制するという。

画像: X-T200シルバー

X-T200シルバー

画像: X-T200ダークシルバー

X-T200ダークシルバー

画像: X-T200シャンパンゴールド

X-T200シャンパンゴールド

画像: X-T200背面

X-T200背面

フジフイルム X-T200

●レンズマウント:FUJIFILM Xマウント
●撮像素子:CMOSセンサー
●センサーサイズ:APS-Cサイズ(23.5×15.7mm)
●有効画素数:2424万画素
●連続撮影速度:約8コマ/秒
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO200~12800
●ファインダー:0.39型有機ELファインダー(236万ドット)
●液晶モニター:3.5型16:9アスペクト(276万)タッチパネル式
●大きさ:121×83.7×55.1mm
●重さ:370g(バッテリー、メモリーカード含)

X-T200にマッチする小型軽量単焦点レンズ「フジノンレンズ XC35mmF2」

同時発売の「フジノンレンズ XC35mmF2」(35mm判換算53mm相当)は、約130g・全長46.5mmと軽量・コンパクト設計を実現。高速かつ静かなAFも備え、高い機動力をもつ。小型軽量な「X-T200」との組み合わせで、軽快なスタイルで撮影を楽しむことができる。発売は2020年2月27日。価格は2万7000円(税別)。

画像: X-T200に装着したフジノンレンズ XC35mmF2

X-T200に装着したフジノンレンズ XC35mmF2

フジノンレンズ XC35mmF2

●焦点距離:35mm(35mm判換算53mm相当)
●レンズ構成:6群9枚(非球面レンズ2枚)
●マウント:FUJIFILM Xマウント
●最小絞り:F16
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最短撮影距離:35cm
●最大撮影倍率:0.14倍
●画角:44.2°
●フィルター径:φ43mm
●大きさ:φ58.4×46.5mm
●重さ:約130g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.