新しく生まれ変わった「TIGER 1200」に「Desert Special Edition」が登場!

トライアンフがフラッグシップ・アドベンチャーモデル「タイガー1200」の特別仕様車となる「タイガー 1200 デザート スペシャルエディションを発表しました!

画像: 新型 Tiger 1200 Desert Special Edition

新型 Tiger 1200 Desert Special Edition

サハラ砂漠からカラハリ砂漠まで「世界でも最も人を寄せ付けない砂漠で行われた壮大なアドベンチャー」からインスパイアされたという、新しい"タイガー1200"は、SE専用セットアップと専用ペイントスキームが取り入れられたスペシャルモデルです。

画像1: 新しく生まれ変わった「TIGER 1200」に「Desert Special Edition」が登場!

この「デザート スペシャルエディション」には、“サンドストームペイント”による専用グラフィックが採用され、金属加工が施された「SE」ラジエーターバッジなども備わっています。

限定デザインだけではなく、アロー製の軽量「チタンサイレンサー」や、クラッチ操作を快適にする「トライアンフ・シフトアシスト」など「SE専用装備」になっているのが特徴です。

画像2: 新しく生まれ変わった「TIGER 1200」に「Desert Special Edition」が登場!

さらに、「電動調整式ツーリングスクリーン」や「グリップヒーター」「オールLEDライト」「バックライト付きボタン」「キーレスイグニッション」「クルーズコントロール」など豪華装備のパッケージングとなります。

SIDE VIEW

他にも、アジャスタブルフルカラーTFTディスプレイや、コーナリングABS、オプティマイズドトラクションコントロール、ライディングモード(最大5つ)なども備わっているのが特徴です。

この新型 Tiger 1200 Desert Special Edition は、2020年春発売予定で、価格は、265万円(税込)となります。

<SPEC>Tiger 1200 Desert Special Edition

全長×全幅×全高ー×830×1470mm
ホイールベース1520mm
最低地上高
シート高835-855mm
車両重量246kg
エンジン形式水冷4ストDOHC12バルブ並列3気筒
総排気量1215cc
ボア×ストローク85×71.4mm
圧縮比11.0
最高出力141PS/9350rpm
最大トルク122N・m/7600rpm
燃料タンク容量20L
変速機形式6速リターン
キャスター角23.2゜
トレール量99.9mm
タイヤサイズ(前・後)120/70-R19・170/60-R17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
価格(10%税込)265万円
日本発売時期2020年春発売予定

Detail

足周りも豪華で、ブレンボ製ブレーキや、セミアクティブサスペンションが備わったWP製アジャスタブルサスペンションを標準で装備します。

また、ライディングスタイルと地形に合わせて20mmの調整が可能な2ポジションのシート高(835~855mm)など、プレミアム装備が満載です。

トライアンフの関連記事はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.