クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第43話。今回の主人公は、WRCにワークス参戦・クラス優勝したこともある軽自動車「スバル ヴィヴィオRX-R」。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第43話「スバル ヴィヴィオRX-Rがこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第43話「スバル ヴィヴィオRX-Rがこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第43話「スバル ヴィヴィオRX-Rがこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第43話「スバル ヴィヴィオRX-Rがこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第43話「スバル ヴィヴィオRX-Rがこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?バックナンバー

スバル ヴィヴィオRX-R(1992年3月9日発表)

レックスの後継モデルとして誕生したヴィヴィオに、インタークーラー付きスーパーチャージャーを搭載したハイスペックモデルが発表当初から設定されていた。スバルといえば四駆というイメージもあるが、このRX-Rには4WD(KK4)だけでなくFF(KK3)がラインアップ。FFモデルは駆動性能で4WDモデルに一歩及ばないものの、車両重量が50kgも軽量なことからあえてこちらを選択するユーザーも多くいたという。

画像: スバル ヴィヴォオRX-R。インタークーラーへと空気を送り込むボンネットのダクトやフォグランプが特長。

スバル ヴィヴォオRX-R。インタークーラーへと空気を送り込むボンネットのダクトやフォグランプが特長。

スバル ヴィヴィオRX-R(KK3) 主要諸元

●全長×全幅×全高=3295×1395×1375mm
●ホイールベース=2310mm
●車両重量=700kg【750kg】
●エンジン=EN07X型・直列4気筒DOHCスーパーチャージャー
●排気量=658cc
●最高出力=64ps/7200rpm
●最大トルク=9.0kgm/4000rpm
●トランスミッション=5速MT
●駆動方式=FF【4WD】
●車両価格=109万8000円(発売当時)
※【】内は4WDのKK4。

画像: クルマ擬人化ストーリー「ウチクル!?」が単行本化。好評販売中! 「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第1巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる! 定価:本体 891円+税 鈴木秀吉(著) モーターマガジン社(発行) www.amazon.co.jp

クルマ擬人化ストーリー「ウチクル!?」が単行本化。好評販売中!
「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第1巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる!
定価:本体 891円+税
鈴木秀吉(著)
モーターマガジン社(発行)

www.amazon.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.