ミュージカルの最高傑作「キャッツ」映画版が2020年1月24日ついに公開。注目ポイントと魅力的なキャラクター「キャッツ」がなぜミュージカルの金字塔となったのかの考察まで、ぎゅぎゅっとご紹介します!

扉の向こうには不思議な世界が待っている!

1981年のロンドン初演以来、全世界累計で8100万人の観客を動員。世界中で今なお愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。英国の詩人T・S・エリオットの詩集をもとに、「オペラ座の怪人」のアンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲を手がけ、「レ・ミゼラブル」のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースした奇跡の作品がついに映画化!監督は「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。振付をアンディ・ブランケンビューラーが担当。

主演に抜擢されたのは、世界的バレエダンサーのフランチェスカ・へイワード。他にジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、テイラー・スウィフト、イドリス・エルバ、ジュディ・デンチ、イーアン・マッケランら豪華スターが夢の共演。

画像: 歌、ダンス、そして俳優たちの表情の細部まで捉えられているのが映画版の魅力

歌、ダンス、そして俳優たちの表情の細部まで捉えられているのが映画版の魅力

大きな月が空に輝く、凍えるように寒い夜。ロンドンの片隅のゴミ捨て場に迷い込んだ若い白猫ヴィクトリア(フランチェスカ)。そこではジェリクルキャッツたちの一夜だけの特別な舞踏会が開かれていた。

ジェリクルキャッツとは、人間に飼い慣らされることを拒否した、したたかで人生を謳歌する猫たち。勇敢な猫、ワイルドな猫、ぐうたらな猫、老いぼれた猫、お金持ちの猫などさまざまだ。そんな個性豊かなジェリクルキャッツたちがここに集まったのは、天上の世界へと上がり、新しい命を得ることができるただ一匹の猫が今日選ばれるから。それを選ぶのは、長い長い年月を生きてきた長老猫オールドデュトロノミー(ジュディ)。今宵、どんな奇跡が起こるのか?そして選ばれし猫とは?

ここに注目!

01:
奇跡の映像はこうして作られた!

今回最も困難を極めたのは、猫でありながら俳優の顔が隠れず、その表情までがわかるビジュアルを作り上げることだった。バレエ、ストリートなど激しいダンスをする俳優たちの動きを完璧に捉えVFX化する作業は、ビジュアルエフェクトの限界への挑戦ともいえた。一方で俳優たちも、それらの動きをこなしながら生歌を歌うという困難に挑んでみせた。

02:
トップダンサーたちが夢の共演

画像: 世界最高峰のバレエダンサーたちによる圧巻のダンスパフォーマンスに息をのむ

世界最高峰のバレエダンサーたちによる圧巻のダンスパフォーマンスに息をのむ

映画、音楽、ダンスなどさまざまなジャンルのトップが集結した本作。中でも目を瞠るのが、バレエダンサーたちの豪華すぎる顔ぶれ。主人公ヴィクトリアを演じるは英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル、フランチェスカ・へイワード。同じくプリンシパルのスティーヴン・マックレー、NYCBのプリンシパル、ロビー・フェアチャイルドなど驚きの面々。

03:
シンガー、俳優も 一流が勢ぞろい

画像: T・スウィフト、J・ハドソンらの素晴らしい歌声はまさにミュージカルの醍醐味

T・スウィフト、J・ハドソンらの素晴らしい歌声はまさにミュージカルの醍醐味

アカデミー賞受賞のジェニファー・ハドソンが名曲“メモリー”を熱唱するほか、No.1ポップスターのテイラー・スウィフトが出演&新曲を書下ろし。人気R&Bシンガーのジェーソン・デルーロもホットなナンバーを聞かせる。ジェームズ・コーデン、レベル・ウィルソン、さらにジュディ・デンチやイーアン・マッケランら名優たちの歌声も聞きごたえ十分。

04:
名曲の数々が 楽しめる サウンドトラック

画像: 04: 名曲の数々が 楽しめる サウンドトラック

“メモリー”はじめ名曲の数々が並ぶ「キャッツ」オリジナル・サウンドトラック盤。映画版キャストによるパフォーマンスで、ミュージカル版とは一味違う、映画の感動がそのまま胸に甦ってくる全16曲。テイラー・スウィフト&アンドリュー・ロイド・ウェバーによる新曲“ビューティフル・ゴースト”も収録。

画像1: 映画版「キャッツ」キャラ&注目ポイント/考察:なぜ金字塔となったのか?

「キャッツ-オリジナル・サウンドトラック」
(2020年1月22日発売/税込¥2,750/ユニバーサルインターナショナル)

ミュージカル界の巨匠 アンドリュー・ロイド・ウェバー

トニー賞受賞3回、グラミー賞受賞3回、他にもアカデミー賞、エミー賞を受賞し、これら音楽界への多大な功績により、1997年には男爵を叙爵されたミュージカル界を代表する大作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー。

1948年生まれ、最初に注目を集めたのは、作詞家ティム・ライスと組んだ「ジーザス・クライスト・スーパースター」(1970)。「エビータ」(1976)を経て、1981年に「キャッツ」を発表。当時のミュージカルの最高ロングラン記録を樹立。それを破ったのが自身の作品「オペラ座の怪人」(1986)だ。その後も作曲家、プロデューサーとして現在に至るまで精力的に活躍中。

今回、新曲“ビューティフル・ゴースト”をテイラー・スウィフトと共同製作。

画像: 2005年の「オペラ座の怪人」来日イベントではパフォーマンスを披露

2005年の「オペラ座の怪人」来日イベントではパフォーマンスを披露

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.