スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督待望の最新作”Pain and Glory“(英題)が邦題『ペイン・アンド・グローリー』として2020年初夏より全国公開されることが決定した。あわせて特報映像が解禁された。
画像: 『ペイン・アンド・グローリー』特報 youtu.be

『ペイン・アンド・グローリー』特報

youtu.be
画像: “人生の最終章まで楽しもう”アルモドバル版『ニュー・シネマ・パラダイス』公開決定

過去の悲しみも輝きも抱きしめて再び前を向く男の人生賛歌

本作は、監督自身のキャリアにおける葛藤も含めて描く自伝的な作品。主演のアントニオ・バンデラスが映画監督役を演じ、キャリア最高の演技と称され、今までにない、繊細な演技で新境地を開拓している。昨年の第72回カンヌ国際映画祭では<主演男優賞>初受賞。カンヌでの受賞を筆頭に、先日発表となりました第92回アカデミー賞<主演男優賞>にノミネート入りを果たし、ゴールデン・グローブほか数々の映画賞や映画祭で高評価を受けている。

さらにアルモドバルのミューズ、ペネロペ・クルスも出演。スペインの日差しの下で献身的に息子を育て、家族を明るく支える母親役を演じている。全盛期の作品から、さらに深みが加わり円熟の域に達したアルモドバルのキャリア最高峰との声に期待が高まる。

脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)は、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは今も消えることなく残っていた。そんなと32 年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には…。

このたび、30 秒特報映像が解禁。心も体も疲れ果て諦めの人生を送る世界的映画監督、サルバドール(アントニオ・バンデラス)姿が捉えられている。

そんな彼の元に届いたのは、32 年前に撮った作品の上映依頼。意図せぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には・・・。

巨匠アルモドバルの赤や原色を基調とする色彩美やインテリアに目を奪われる。また、自身を重ね合わせたかのような主人公をアントニオ・バンデラスが演じる。デビュー当時から長年タッグを組み、作品の方向性の違いから暫く距離を置いていた時期もあったが、今回は特別な信頼を置くアントニオ・バンデラスがどのように演じるのか、見逃せない。

ペイン・アンド・グローリー
2020年初夏、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショー
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©El Deseo.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.