ライカカメラ社はモノクロ撮影専用レンジファインダーカメラの新しいモデル「ライカM10モノクローム」を発売すると発表した。価格は105万円(税別)。2020年1月25日発売予定。

このライカM10モノクロームは新たに開発した4000万画素のモノクロ撮影専用撮像素子を搭載し、これまで以上に高精細に細部まで表現できるという。また、モノクロ撮影専用のデジタルレンジファインダーカメラとしては初めて、ISO160~100000 の非常に幅広い感度域を実現している。
基本的な仕様と操作性は、ライカM10-Pと同様で、シャッターは、ほぼ無音といえるほどに静音性を高めているという。
外観は赤いライカロゴを入れずに、トップカバー上面には「LEICA M10 MONOCHROM」と刻印されている。さらに、操作部などに刻まれている文字や数字の色をホワイトやグレーで統一、モノクロ撮影の専用デジタルカメラであることを強調するデザインにしている。ボディサイズはライカMモノクローム(Typ246)よりも4㎜ほど薄くなり、ライカM10同様、M 型デジタルカメラの中では最もスリムなフォルムになっている。

画像: ライカM10モノクローム正面

ライカM10モノクローム正面

画像: ダイヤルのAポジションの色もグレーになっている

ダイヤルのAポジションの色もグレーになっている

画像: ライカM10モノクローム背面

ライカM10モノクローム背面

ライカM10モノクローム

●レンズマウント:ライカMバヨネットマウント
●撮像素子:モノクロ撮影専用CMOSセンサー
●センサーサイズ:24×36mm(カラーフィルターおよびローパスフィルターなし)
●有効画素数:4089万画素
●ファインダー:大型ブライトフレームファインダー(パララックス自動補正機能付き)
●シャッター速度:16分〜1/4000秒(絞り優先時)、8〜1/4000秒(マニュアル時)
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO160-100000
●液晶モニター:3.0型 TFT(103万ドット)
●大きさ:139×80×38.5㎜
●重さ:660g(バッテリー含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.