FCAジャパンは、ジープの本格オフローダーであるラングラーに、ショートホイールベースの2ドアモデル「ラングラー Rubicon(ルビコン)」を100台限定で設定し、2月8日から発売する。

高度な俊敏性を発揮するルビコンの限定モデル

ジープ ラングラーは、ジープ ブランドのSUVの中で最も本格的なオフローダーだ。1987年に初代がデビューし、現行型は2017年に発表された4代目で、日本には2018年秋から導入されている。

画像: ボディカラーは、ヘラヤライエロー。

ボディカラーは、ヘラヤライエロー。

今回の限定車は、ラングラーの中でも最強のオフロード性能を誇るルビコンのショートホイールベース2ドアモデルだ。ロングホイールベースの4ドアはカタログモデルとしてラインアップされている。4ドア同様、卓越した駆動力を生み出すロックトラックフルタイム4×4システムや、悪路でフロントアクスルの動きを任意に拡大させられる電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム、車体や機関部品を保護するロックレールやスキッドプレートなどを搭載し、厳しい環境下においても圧倒的な走行性能を発揮する。

2ドアモデルのホイールベースは2460mmと短く(4ドアは3010mm)、ロックセクションなどで路面干渉のリスクが軽減される。また、最小回転半径は5.3mmと小さく、日常の街中での取り回しや、木々の間を縫って走るような状況下でも抜群のフットワークを実現する。

画像: レッドカラーのインストルメントパネル。

レッドカラーのインストルメントパネル。

装備は基本的に4ドアモデルと共通で、レザーシート(フロントはヒーター付き)やレッドカラーのインパネ、フェンダーフレアなどで、高い快適性とルビコンならではの個性的なデザインが融合したモデルとなっている。安全装備も、衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報やアダプティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)、ブラインドスポットモニター、安全な車庫入れを支援するパークビュー リアバックアップカメラなど充実している。

パワートレーンは4ドアと同様、284ps/347Nmを発生する3.6LのV6 DOHCで、組み合わされるミッションは8速トルコンAT。駆動方式はオンデマンド式の4WDでハンドル位置は右のみ。

車両価格(税込)は、589万円と、4ドア版より23万円安い。100台限定で、ボディカラーはスティンググレーが40台、ヘラヤライエローが60台。内装色はいずれもブラックとなる。

画像: テールランプにはLEDを採用。

テールランプにはLEDを採用。

ジープ ラングラー ルビコン(2ドア) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4320×1895×1840mm
●ホイールベース:2460mm
●重量:2140kg
●エンジン種類:V6 DOHC
●排気量:3604cc
●最高出力:209kW<284ps>/6400rpm
●最大トルク:347Nm<35.4kgm>/4100rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:オンデマンド4WD
●タイヤサイズ:LT255/75R17
●税込み車両価格:589万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.