『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のノオミ・ラパスの主演最新作『アンストッパブル』が2020年2/7(金)より公開決定。予告編&ポスタービジュアルが解禁された。
画像: 2/7(金)公開『アンストッパブル』予告編 youtu.be

2/7(金)公開『アンストッパブル』予告編

youtu.be
画像: 失くしたはずの娘が目の前に!? 予測不能のスリラー映画が公開決定

予想がつかない展開の先には衝撃の結末が待ち受けている

失くしたはずの娘が目の前にいる?! これは妄想かそれとも真実か----。本作は、失くしたはずの娘を見つけたと思い込んだ母親の予測不能の行動を描く戦慄のサイコロジカル・スリラー。

大ヒット『ミレニアム』シリーズのあとも、大作に出演し続けるノオミ・ラパスが、失くしたはずの娘を見つけたと思い込み、裕福な一家に巧妙にすり寄っていく母親を絶妙な怖さで演じる。

彼女と離婚し、息子の単独親権を得ようとする元夫には、大ヒットカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズや『ホビット』シリーズ、実写版『美女と野獣』のルーク・エヴァンス。

脚本は、アカデミー賞作品賞含む6部門ノミネートの『LION/ライオン ~25年目のただいま~』や、ティモシー・シャラメがゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた『ビューティフル・ボーイ』のルーク・デイヴィス。緊張感の連続と予想がつかない展開の先には衝撃の結末が待ち受けている。

この度公開になった予告編では、精神的に不安定なリジー(ノオミ・ラパス)が、パーティで見かけた失った娘とうり二つの少女ローラに一瞬にして心を奪われ、自分の娘と思い込み暴走していく様子が描かれる。

降りかかる息子の単独親権問題、セラピストとの対談。不安定な毎日に突然訪れた娘とそっくりの少女の再会が、リジーのスイッチを押してしまう―。

巧妙にローラの家族にすり寄った彼女は、ついにはローラの母親に「あの子は私の子」と宣言、母性を暴発させた母親同士のバトルの中、「私を止めたいなら殺して!」と狂気の叫びを発する。誰も彼女を止められない!

併せて<ポスタービジュアル>も解禁。それぞれ別の方向を向く3人の主要キャストは、それぞれが見つめる<真実>が別々の場所にあることをを示唆しているよう。「精神崩壊」「予測不可」「制御不能」という文字が整然と並ぶさまと飛び散るガラスに期待を煽られる。

アンストッパブル
2020年2月7日(金)より、新宿シネマカリテほか公開
配給:ファインフィルムズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.