2020年1月10日、SUBARU(スバル)が新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツを発表した。

車両制御系統を強化してきたレヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ

スバルの現行レヴォーグは近年低迷気味なステーションワゴンジャンルにおいても、根強いファンや走りにこだわるユーザーから多くの支持を受けている。そのため、2019年10月に開催された東京モーターショー2019で初公開された「新型レヴォーグ プロトタイプ」は多くの注目を集めた。

SGP(スバル グローバル プラットフォーム)×フルインナーフレーム構造や、新世代アイサイト、新開発の1.8L水平対向直噴ターボエンジンなど、多くの新技術の採用が予定されている。姿形はプロトタイプのほぼそのまま、日本市場での正式な発表は2020年後半を予定していると言われている。

画像: 新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ。東京モーターショー2019で公開されたプロトタイプとの外観的違いは少ない。

新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ。東京モーターショー2019で公開されたプロトタイプとの外観的違いは少ない。

さて、この新型レヴォーグ プロトタイプをベースとした「STIスポーツ」グレードが早くも東京オートサロン2020に出展された。

外観を一見しただけでは両車の違いがわからないが、クルマの制御関連で大きく革新しているようだ。まずはスバル初の「電子制御ダンパー」。スポーティな走りはもちろんだが、上質な乗り味を高次元で両立させる。こちらも初採用の「ドライブモードセレクト」は、上記の電子制御ダンパーやパワーユニット、電動パワステ、さらには4WDシステムをコントロールできる車両制御システムだという。

このところSUVばかりが注目されがちだが、スバル得意のステーションワゴン、レヴォーグはどうやら今年のニューモデル戦線の目玉のひとつになりそうだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.