2020年1月9日、トヨタは、「GR ヘリテージパーツプロジェクト」としてA70型スープラ(タイトル写真手前)とA80型スープラ(タイトル写真奥)の補給部品を復刻し、国内や海外(北米や欧州など)向けに再販売すると発表した。

A70では5点、A80では3点を復刻予定

2019年5月、新型スープラの発売が開始されたときに「旧型スープラのオーナーのために、補給部品を復刻して販売する」という発表がされていたが、ついにそれが実現した。このプロジェクトは、古いモデルを長く愛用していたり、または中古車で手に入れて、これからも乗り続けたいと考えているオーナーのために、既に廃版となってしまった補給部品を復刻・再生産して、純正部品として再販売するというものだ。

対象モデルは、1986〜1993年に販売されたA70型(初代)スープラと、1993〜2002年に販売されたA80型(2代目)スープラ。復刻品目は、以下のとおり。
(2020年1月9日現在。仕向け地により品目は異なるが、表記は日本仕様)

A70スープラ:プロペラシャフト、ドアハンドル、フュエルセンダーゲージ、ウェザーストリップ、フロントエンブレム
A80スープラ:ヘッドランプ、ドアハンドル、ブレーキブースター

画像: A70型スープラ用プロペラシャフト

A70型スープラ用プロペラシャフト

品番や発売時期、そして価格などの詳細については、2020年春ごろより準備が整った部品から順次 トヨタ GAZOOレーシングのWeb サイトで公開される。なお、復刻部品は通常の純正部品と同様に、トヨタの販売店で購入できるのもうれしい。

画像: A80型スープラ用ヘッドランプ

A80型スープラ用ヘッドランプ

トヨタ GAZOOレーシングでは、今後もサプライヤーと協力して、より多くの部品の復刻を目指していくというから、トヨタの旧車オーナーは期待していいだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.