クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第42話。今回の主人公は「ホンダ ビート(PP1)」。F1テクノロジーの投入やミッドシップレイアウトの採用など、当時の若者を虜にする要素が詰め込まれたモデルだった。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第42話「ホンダ ビートがこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第42話「ホンダ ビートがこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第42話「ホンダ ビートがこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第42話「ホンダ ビートがこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第42話「ホンダ ビートがこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?バックナンバー

ホンダ ビート(1991年5月15日発表)

軽自動車によるハイパワー競争に終止符を打たれた1980年代後半。バブル景気の真っ只中に各自動車メーカーが個性化を進める中で開発・発表されたのが、軽自動車スポーツモデル「平成のABCトリオ」だった。その中でもホンダ ビートの人気は高く、高回転型NAエンジン(660 MTREC 12バルブ)による64psの達成や、NSXと同じMRによるドライビングテイスト、さらにホンダF1人気もあって多くの販売台数を記録した。

画像: 軽自動車のスポーツモデルにおいて過給機付きエンジンが主流の中、ホンダビートはNAエンジンを採用。スロットルレスポンスや高回転域での気持ちの良さはあったものの、加速力でライバルに劣っていたという。

軽自動車のスポーツモデルにおいて過給機付きエンジンが主流の中、ホンダビートはNAエンジンを採用。スロットルレスポンスや高回転域での気持ちの良さはあったものの、加速力でライバルに劣っていたという。

ホンダ ビート(PP1)主要諸元

●全長×全幅×全高=3295×1395×1175mm
●ホイールベース=2280mm
●車両重量=760kg
●エンジン=E07A型・直列3気筒SOHC
●排気量=656cc
●最高出力=64ps/8100rpm
●最大トルク=6.1kgm/7000rpm
●トランスミッション=5速MT
●駆動方式=MR
●車両価格=138万8000円(税別・発売当時)

画像: クルマ擬人化ストーリー「ウチクル!?」が単行本化。好評販売中! 「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第1巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる! 定価:本体 891円+税 鈴木秀吉(著) モーターマガジン社(発行) www.amazon.co.jp

クルマ擬人化ストーリー「ウチクル!?」が単行本化。好評販売中!
「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」をまとめた単行本、第1巻をネット&リアル書店で販売中。オーナーと愛車のラブリーな日常を綴った物語。知れば知るほどウチのクルマが好きになる!
定価:本体 891円+税
鈴木秀吉(著)
モーターマガジン社(発行)

www.amazon.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.