光学83倍、電子式332倍の超高倍率ズームを搭載した持ち歩きサイズのコンパクトデジカメ「COOLPIX P950」が、ニコンから発売される。テレ側3000mm相当の「COOLPIX P1000」に比べ、サイズが小さいのが特徴。

このカメラについて

2015年3月に発売された「COOLPIX P900」の後継機。P900と同じ24-2000mm相当F2.8-6.5の光学83倍ズームレンズを搭載し、サイズ、撮像素子の画素数などもP900とほぼ同等だが、ファインダー(EVF)をはじめAFスピードや操作性など、使い勝手に関係するところが大幅に改良されている。大柄な兄弟機の「COOLPIX P1000」に比べると、ズーム倍率は小さいが普通に持ち歩けるサイズで、気軽に持ち出せるのがポイント。ちなみにP1000の光学ズームは24-3000㎜相当で、テレ側の開放F値はF8。

特徴

◎広角から超望遠まで一台でカバー。光学ズーム83倍、ダイナミックファインズーム166倍、電子ズーム332倍。

◎大幅に改善されたファインダー。P900の92万ドット0.42倍に比べ、236万ドット0.68倍となった。

◎RAW記録が可能になった。

◎4K動画に対応。P900のフルHDまでに対して、3840 x 2160 UHD/30pの記録が可能になった。(UHS-II対応)

◎アクセサリーシューが追加され、プラグインパワー対応のマイク端子も装備。

ニコン COOLPIX P950

撮像素子:1/2.3型CMOS 16Mピクセル
光学ズーム:24-2000mm相当(35mm判換算) F2.8-6.5
ISO感度:100~6400
連写性能:約7コマ/秒
ファイル形式:RAWに対応
動画:4K/30p
EVF:約236万ドット
手ブレ補正:約5.5段
寸法:約140.2 × 109.6 × 149.8mm(幅×高さ×奥行き ※突起部除く)
重量:1005g ※バッテリーおよびメモリーカードを含む

発売予定:2020年2月7日(金)
価格:オープン
市場想定価格:10万6040円(税込み)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.