カジュアルパーカなのに防御力をアップ!

︎アルパインスターズのロゴ入りフードはスナップボタン5個で留められていて、簡単に脱着できる。

プロテクター類を装備したライディングジャケットを初めて着ると「重くて動きにくい」と感じるが、着慣れると保護性能の貧弱なアパレル系ジャケットをライディングシーンで着るのは恐くなる。

かといって街乗りでライディングジャケットを着るのは大げさ感があるし、オートバイから降りると妙に目立ってしまう。

そこで紹介するのが、ライディングジャケットの機能と街に溶け込むデザインを両立したアルパインスターズの『クローム・スポーツフーディ』。

イタリアデザインだけに、シルエットの美しさは文句なし。

肩と肘に内蔵されているCE規格のソフトプロテクターと背中のPEパッドも外からは目立たず、見た目はカジュアルなパーカそのものだ。

メイン素材は柔らかなニット生地で、転倒時に擦れやすい袖と肩、肘部分の内側は耐摩耗性の高いアラミド繊維で補強。

転倒時にダメージを受けやすい肩と肘にはCE規格の本格的なソフトプロテクターを内蔵している。

身長176㎝、体重62㎏の僕がMサイズを着た状態。日本のサイズ表記より1サイズ大きいことに注意。

カンガルーポケットの右内側に設けられたファスナー付きポケット、イヤホンコードを通す穴まで装備した防水の内ポケット、スナップボタンで簡単に脱着できるフードなど、実用性にも配慮されている。

ハードプロテクターを装備せず、シルエットもゆったりめなので優しい着心地。袖丈、着丈には余裕があり、前傾姿勢を取っても手首や腰が露出することはない。

高速道路も走ったが、気になるバタ付きやずり上がりも起きなかった。スクーターやオフ車にも似合うし、ストリートモデルでのツーリングも違和感なし。

使い勝手のいい3シーズンジャケットだ。

画像: 表地は非防水だが、内ポケットは止水ファスナーを使った防水構造。イヤホンを通す穴も設けられている。

表地は非防水だが、内ポケットは止水ファスナーを使った防水構造。イヤホンを通す穴も設けられている。

画像: 袖口にはゴムバンドが装着され、ライディング姿勢を取ったときのズリ上がりを防止。

袖口にはゴムバンドが装着され、ライディング姿勢を取ったときのズリ上がりを防止。

ALPINESTARS
CHROME SPORTS HOODIE

税込価格:2万6180円

[サイズ] S、M、L、XL、2XL、3XL、4XL
[カラー] ブラック、アンソラサイトブラックグレイ、メランジュグレイブラック

[ 問 ] アルパインスターズセールスルーム
TEL.043-202-0680
公式ホームページ(英語)

テスター太田安治の欲張りリクエスト

『バイオライト』と名付けられたソフトプロテクター内蔵だが、使用環境を考えるともっと薄くて軽いプロテクターでも良さそう。

内ポケットはもう少し大きいと大画面スマホも収められて便利。夏用にメッシュタイプも欲しいところ。

文:太田安治/写真:南 孝幸

月刊オートバイでは毎号、各社の新製品をインプレッションしています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.