スズキのアドベンチャーツアラー、Vストロームシリーズの旗艦が大きく進化を遂げEICMA2019で世界初公開された。車名も新たに「1050」となってフルモデルチェンジ。往年の名車「DR-BIG」のテイストを感じさせるスタイリングに、最新テクノロジーと快適装備を充実させて大きく進化したこのモデルを前編・中編・後編に分けて徹底解説しよう。

「全部入り」のXTとシンプルなスタンダード

画像: V-STROM 1050

V-STROM 1050

画像: V-STROM 1050 XT

V-STROM 1050 XT

リニューアルしたVストロームの狙いのひとつに、スタンダードとXTの明確な区分けがある。

スタンダードは従来モデルの完成度アップ版という感じだが、XTはさらに電子制御スロットルや6軸IMU搭載の恩恵を受け、数々の電子制御技術を搭載しているのだ。

XTのみに採用された「SIRS」と呼ばれる統合電子制御がそれで、坂道発進を補正するヒルホールドコントロール、下り坂でのブレーキでリアの荷重抜けを抑えるスロープディペンデントコントロール、荷物搭載やタンデム時の前後姿勢配分を適切に保つロードディペンドコントロールなどを採用。さらにXTには、待望のクルーズコントロールも採用されている。

旅での快適性を高めたXTと、シンプル装備でコストを抑えたスタンダードという選択肢をもたせることで、よりユーザー目線に立ったラインアップとしているのだ。

スズキ Vストローム1050/XT 主なスペック

※( )内はXT

全長×全幅×全高2265×870(940)×1515(1465)mm
ホイールベース1555mm
最低地上高165(160)mm
シート高855(850)mm
車両重量236(247)kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ90度V型2気筒
総排気量1037cc
ボア×ストローク100.0×66.0mm
圧縮比10.8
最高出力107.44PS/8500rpm
最大トルク10.19㎏-m/6000rpm
燃料タンク容量20L
変速機形式6速リターン
キャスター角25.30゜
トレール量109mm
タイヤサイズ(前・後)110/80R19・150/70R17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク

各部をチェック!

画像: 従来型の異形ヘッドライトから、新型KATANAと同タイプの角目ライトに変更。クチバシカウルのシャープな直線にマッチしている。

従来型の異形ヘッドライトから、新型KATANAと同タイプの角目ライトに変更。クチバシカウルのシャープな直線にマッチしている。

画像: DR-BIGのデザインDNAを継承するニューVストローム。シャープな印象で、一目でスズキとわかるデザイン。

DR-BIGのデザインDNAを継承するニューVストローム。シャープな印象で、一目でスズキとわかるデザイン。

画像: DR-BIGとのイメージ比較イラスト。ちなみにBMWのGSシリーズよりもクチバシデザイン採用が早かった。

DR-BIGとのイメージ比較イラスト。ちなみにBMWのGSシリーズよりもクチバシデザイン採用が早かった。

画像: 従来の「座いす式」ラチェットスクリーンの角度アジャストから、より構造のシンプルな手動式スクリーン高アジャストに変更。

従来の「座いす式」ラチェットスクリーンの角度アジャストから、より構造のシンプルな手動式スクリーン高アジャストに変更。

画像: 新たにセンター部が太くなったアルミ製テーパードハンドルを採用。ハンドルまわりが一気にアドベンチャームードを増した印象。

新たにセンター部が太くなったアルミ製テーパードハンドルを採用。ハンドルまわりが一気にアドベンチャームードを増した印象。

画像: 従来型のアナログ+液晶からメーターもフルデジタルに一新。右上のスピード表示となりのマークはXT専用のクルーズコントロールだ。

従来型のアナログ+液晶からメーターもフルデジタルに一新。右上のスピード表示となりのマークはXT専用のクルーズコントロールだ。

画像: XTのみライダーシート高を2段階に調整可能で、20mm高く設定できる。ローシートよりも運動性の高いハイシートなのに注目!

XTのみライダーシート高を2段階に調整可能で、20mm高く設定できる。ローシートよりも運動性の高いハイシートなのに注目!

画像: 従来モデルでも評価の高かったリアキャリアはスタンダード、XTともに標準装備。純正アクセサリーでボックス類も用意されるだろう。

従来モデルでも評価の高かったリアキャリアはスタンダード、XTともに標準装備。純正アクセサリーでボックス類も用意されるだろう。

画像: 従来の12Vソケットに変わり、メーターサイドにUSBソケットを新設。スマホマウントやアクセサリーにはUSBのほうが有益だ。

従来の12Vソケットに変わり、メーターサイドにUSBソケットを新設。スマホマウントやアクセサリーにはUSBのほうが有益だ。

画像: XTのみ、タンデムシート下に12Vソケットを装備。こちらは電熱ウエアや常設ナビなど、取り外し機会の少ない電源供給に使用する。

XTのみ、タンデムシート下に12Vソケットを装備。こちらは電熱ウエアや常設ナビなど、取り外し機会の少ない電源供給に使用する。

まとめ:月刊オートバイ編集部

月刊オートバイ最新号情報! 別冊付録「RIDE」の主役はKATANA

おすすめ関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.